ヒトごろし / 京極 夏彦          ★★★★★
2018 / 07 / 12 ( Thu )
ヒトごろし










●内容● (出版社より)

殺す。殺す殺す。ころしてやるーー。新選組の闇に切り込む禁断の異聞! 人々に鬼と恐れられた新選組の副長・土方歳三。幼き日、目にしたある光景がその後の運命を大きく狂わせる。胸に蠢く黒い衝動に駆られ、孤高の剣士の犯した数多の罪とはーー? 激動の幕末で暗躍し、血に塗れた最凶の男が今蘇る。京極夏彦史上、衝撃度No.1! 大ボリュームで贈る、圧巻の本格歴史小説の誕生。


●内容● (「BOOK」データベースより)

新選組の闇に切り込む禁断の異聞!人々に鬼と恐れられた新選組の副長・土方歳三。幼き日に目にしたある光景が、彼の運命を大きく狂わせていく。胸に蠢く黒い衝動に駆られ、人でなしとして生きる道の先にはー?激動の幕末で暗躍し、血に塗れた最凶の男が今蘇る。


●著者●

1963年生まれ。北海道小樽市出身。
世界妖怪協会、全日本妖怪推進委員会改めお化け友の会・代表代行。
古典遊戯研究会紙舞会員。お化け大學校・水木しげる学部教授。

1994年「姑獲鳥の夏」で衝撃的なデビューを飾る。1996年「魍魎の匣」で第49回日本推理作家協会賞長編部門、1997年「嗤う伊右衛門」で第25回泉鏡花賞、2003年「覘き小平次」で第16回山本周五郎賞、2004年「後巷説百物語」で第130回直木賞を受賞。2011年 「西巷説百物語」で第24回柴田錬三郎賞受賞。2016年 遠野文化賞受賞。


●基本情報● 

発売日: 2018年01月31日
著者/編集: 京極 夏彦
出版社: 新潮社
発行形態: 単行本
ページ数: 1088p




●感想●


土方歳三が、「本当にこうであったらいい」と思える土方歳三でした。
己の欲望 (黒い欲望ですが) に忠実でシンプルな人間。
頭がよく、軸がはっきりしている人間。

歳三の望みは殺す側であること。
そのために、時に無茶をしたり謀をめぐらしたりもします。
そこに人情はなく、善悪でいったらどうしても悪と判じざるを得ません。
まるでサイコパスです。
それなのに、魅せられてしまうのです。
いったいなぜなのか?
単純にカッコいいいから、と言ったらバカにされるでしょうけれど・・・
それが一番しっくりくる理由です。

私は会津出身なので、幕末の会津の歴史に触れる物語は読んでいて苦しいものがありました。
破滅に向かうお話ですから。
そういう意味では、歳三も死ぬとわかっている終盤はつらかった・・・
ただ、本領発揮して殺しまくったラストでは少し晴れ晴れしたかな。
なんてひどいことを言っていますね~

この小説には型があって、章の最後は 「土方歳三だ」 と名乗るシーンで締められます。
しかし最終章は 「ただのヒトごろしだ」 で終わるのです。
粋ですね~。
こういうところが京極夏彦先生のこだわりですね。
自分流を貫いている人は素敵! 
土方さんといい、正直、イケメンという要素もかなり大きいですね











●出来ぬことは、どれだけ力を尽くそうと出来ぬ。出来ぬと知らずに尽力するのは、愚か者である。出来ぬと知って猶それを続けるなら、それは痴れ者だ。
いずれも無駄なことである。
だからこそ知ることは大事だ。


●天から与えられた才などない。それは授かるものではなく築くものである。築く方法は人それぞれで、賢い者は効率良く才を成す。


●下が上を使うなら、主も従も無いようなものだよ。それに、身分なんてものは、思ってる程に固えものじゃあないよ。頭使って道筋さえつけりゃ、何にだってなれるだろうさ。貴賤も血筋もあまり関係ないのさ.。身分なんて所詮、役目だ。それよりも人はな、性質だ。性質と役目が合っていないと、使い道がない。使えない。役には立たぬよ。


●信念は思い込みに過ぎず理念は見方に因って変わる。情念などは瘧のようなものである。
人は、真理を知ることは出来るだろうが、真理に沿って生きることなど出来ぬものなのだ。確かなものなど何もない。朝と夕では何もかもが違っている。
違わぬと思い込める間抜けや、ひとつ処からしか世間を見られぬ阿呆や、熱に浮かされ続けるお調子者だけが、己を信ずる。信ずることが適う。
絶対に正しいことなどはない。凡ては刹那的に判断するよりない。


●勝ったとか負けたとか勝ち負けで世の中計る奴ァ、本気の本気で愚か者だぜ。勝負ごとってな遊びなんだよ、遊び。しかも賢くねえ遊びだぜ。そんなもん物差しにして天下を計られちゃどうにもならんだろう。俺はな、親父と同じで博奕は嫌えだ。博奕ってな、考えるまでもなく胴元が儲かる仕組みだぜ。


●「これからの戦はな、立ち合いもねえ。名乗りもしねえ。誰が誰を殺したのかも判らねえ。ただ大勢が一度に死ぬだけのもんだ。殺した方も人殺したって気持ちは持てねえ。大砲だの鉄砲だの撃ったってだけだ。それで皆死ぬ。たくさん死人が出たほうが負けだ。兵隊はただの将棋の駒だよ。武勲も武功もねえ。全部が全部、成ることのねえ歩だよ」


●世の中がどうなっていようと、どんな難問が山積していようとも、人は褒められれば機嫌が好くなるものなのだろう、歳三は一向に理解出来ぬが、持ち上げられれば嬉しいとか愉しいとか、そうした心持ちになるものなのだ。









●新撰組・会津で思い出したコレ。家にチラシがありました。
 土方さんも後に自分がこのような扱いになるとは思わなかったでしょうね。。。

20180712.jpg










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒトごろし [ 京極 夏彦 ]
価格:2916円(税込、送料無料) (2018/7/12時点)

       

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 22 : 49 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
鬼談 / 京極 夏彦       ★★★
2017 / 09 / 24 ( Sun )
鬼談








●内容● (「BOOK」データベースより)

愛、絆、情ーすなわち執着は、人を鬼と成す。人は人を慈しみ、嫉妬し、畏れをいだく。その思いが強ければ強いほどに。“生と死”“人と鬼”の狭間を描く、京極小説の神髄。「」談シリーズ第四弾となる、鬼気迫る短篇集。


●目次● (「BOOK」データベースより)

鬼交/鬼想ー八百人の子供の首を斬り落とさなければならぬ程。/鬼縁/鬼情/鬼慕/鬼景/鬼棲/鬼気/鬼神


●著者● (「BOOK」データベースより)

京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビューする。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年04月02日頃
著者/編集: 京極夏彦
出版社: KADOKAWA
発行形態: 単行本
ページ数: 263p







●感想●


短篇はあまり好きではないのですが、作家が好きな時、どこか惹かれるものがあった時、短編だと分からなくて読み始めてしまった時には読みます。

京極夏彦さんは大好きなので読みました。

独特の文章のリズムを感じ、文章による視覚効果に拘りを感じ、その世界に浸りました。

まるで禅問答のような掛け合いが好きです。

また、言葉の意味を突き詰めていく手法が好きです。


この本では「鬼気」が印象的でした。
一番現実的だったので・・・
身内に対する愛情と嫌悪がせめぎ合う感覚も、惚けた人を相手にする苦悩も。


読み終わってみて、やはりこれらの世界観の長編を読みたくなってしまいました。
同時に、好きな作家さんのものは、長期的展望で全作品を読みたいなとも思いました。
そう意識しないと短編を食わず嫌いしてしまうのです~







● 「 ないものと見るには、記憶に頼るしかないのよね。 見たことないものは想像しようがないもの。 鬼というのは記憶なの。 連綿と続く過去こそが鬼よ。 それを思い起こすことが━━予感よね。 だから人は、幽霊なんかを見てしまうような気になるのね。 あらゆる恐怖は、予感なのよ 」




    ***** 2017年8月にメモしておいた感想 です*****




        

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

08 : 36 : 14 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒトでなし(金剛界の章)  / 京極 夏彦
2016 / 10 / 15 ( Sat )
ヒトでなし









●内容● (「BOOK」データベースより)

娘を亡くし、職も失い、妻にも捨てられた。家も、ない。俺は、ヒトでなしなんだそうだー。そう呟く男のもとに、破綻者たちが吸い寄せられる。金も、暴力も、死も、罪も。求めているものは、赦しなのか?施しなのか?救いなのか?それともー。


●著者● (「BOOK」データベースより)

京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
1963年北海道生まれ。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣』で第四九回日本推理作家協会賞長篇部門を受賞。1997年『嗤う伊右衛門』で第二五回泉鏡花賞を受賞。2000年第八回桑沢賞を受賞。2003年『覘き小平次』で第十六回山本周五郎賞を受賞。2004年『後巷説百物語』で第百三十回直木三十五賞を受賞。2011年『西巷説百物語』で第二十四回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年10月22日頃
著者/編集: 京極夏彦
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 576p



●感想●


正直に言うと、最初は退屈でした。
どん底の状態に置かれた主人公・尾田慎吾の思考を追っていくばかりで、なかなか物語が動かないもので・・・

この小説はこのままこの人の思考を覗き見ていくだけなのか~500ページ以上も
まあ、行間はゆったりだけれども、うーん・・・なんて眠くなったりしながら読み進めました。

しかし・・・
途中から加速度的に興味を惹かれるようになりました。

ヒトでなしとは、そういうことだったか・・・!


まさに涅槃寂静


そこに持っていくまでのあれこれはさすが京極先生

こういう場合、情熱を持って言葉にすればするほど、救いようのない陳腐な表現になるんです私

なのでさっと切り上げることにします~







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒトでなし(金剛界の章) [ 京極夏彦 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2016/10/15時点)

              111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 32 : 29 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冥談 / 京極 夏彦
2012 / 02 / 23 ( Thu )

好きな作家の本でも・・・

やっぱり短編は物足りなく思うことが多いです。

勝手なのですが、やっつけ感が漂っているように思ってしまうのですね~

そんなわけで、ちょっと欲求不満気味。

この物語たちの底辺にあるものを長編で読みたいな~


━本当のことなんて、みんな過ぎてしまえば消えてなくなりますよ。
 今は、次次に、みるみる死んでいくんですよ。━

━過去も未来も現在も、あまり関係ないですよ。
混じり合っていますから。━


そう考えると、不思議なことはなくなりますね。
やっぱりそれを長編で読みたい


【送料無料】冥談

【送料無料】冥談
価格:1,449円(税込、送料別)


111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 55 : 04 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
死ねばいいのに / 京極 夏彦
2011 / 01 / 17 ( Mon )
死ねば




まず、おお、と思うのは目次。

一人目。
二人目。
 ・
 ・ 
 ・
六人目。

・・・と、――死ねばいいのに。な人が6人出てくるお話です。


それぞれ、厄介ごとや、不条理に囲まれ不満を抱えている人たちで

読んでいる最中は、まるで愚痴を聞いているようにもやもやした気持ちを味わうことになるのですが・・・


キーパーソンの渡来との会話で気づかされるのです。

皆、現状を嘆くだけで、それを打ち破ろうとしていないことに。


彼らは「死ねばいいのに」と言われて初めて生きることに執着していることを知ります。

そして死ぬ気だったら何でもできるということも気づくのです。


いや、それはもともとわかっていたことだったのでしょう。


たいていの人は、自分で始末をつけずに、悪いことは人のせいにして自分を誤魔化しているものです。

今度愚痴をこぼしている人がいたら言ってみようかな~、「死ねばいいのに」と。

たちまち悪評が立ちそうですけれどね






こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

【送料無料】死ねばいいのに

【送料無料】死ねばいいのに

価格:1,785円(税込、送料別)


死ねばいいのに死ねばいいのに
(2010/05/15)
京極 夏彦

商品詳細を見る

111.gif



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 04 : 48 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
数えずの井戸 / 京極 夏彦
2010 / 08 / 11 ( Wed )
416.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

数えるから、足りなくなる。それは、はかなくも美しい、もうしとつの「皿屋敷」。人口に膾炙し怪談となった江戸の「事件」を独自の解釈で語り直す人気シリーズ第三作。


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
1963年生まれ。94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で第四九回日本推理作家協会賞(長編部門)、97年『嗤う伊右衛門』で第二五回泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で第一六回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第一三〇回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2010年01月
著者/編集: 京極夏彦
出版社: 中央公論新社
サイズ: 単行本
ページ数: 771p







●感想●


「一枚。二枚。三枚・・・うらめしや~」でおなじみ。

もともと知っていたはずの怪談が・・・

“おはなし”になって目の前に現れたという感じです。

しかしこれは怪談ではありませんでした。

悲しい人間たちのお話でしたね。

登場人物の目線で語られる心の内。

文字は密でないといっても分厚い本ですが、イッキ読みでしたね~。

欠けている人間、みちている人間、そして一見そうとは見えなのに表裏のような人間・・・

その思考を追うのがやめられなくて、全く退屈しませんでした。

不器用で、生まれ持った悲しみを捨てられなくて、だからこそ破滅に向かう登場人物たちには
なぜか共感してしまう私なので・・・

終盤は泣きながら読みました

しかし、一般の解釈とは全く違う“おはなし”はまさに京極ワールドですね

もう、私は中毒患者ですよ





数えずの井戸数えずの井戸
(2010/01/25)
京極 夏彦

商品詳細を見る



こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 03 : 49 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
嫌な小説 / 京極 夏彦
2009 / 07 / 08 ( Wed )

嫌だ、で始まる短編集。
もちろん(?)、嫌が入った言葉で終わります。
そして各タイトルも「嫌な・・・・」
ご丁寧に、装幀もきちんと嫌な感じです。
潰れた蚊が挟まってるようなページもありますし・・・。
オチもまた・・・。

まさに“嫌な”小説ですね困り顔

しかし、この本の中に嫌という字が何度出てきたのか・・・。
数えたらビックリでしょうね。
嫌ですけど

一番嫌なのは、嫌なことが繰り返されることですね。
理屈が通じないのもつらいなー。
こちらが嫌なことを承知の上で嫌なことする人間も嫌だし。
場の空気を読み違えるような嫌な人間と距離を置けない状況も嫌。

あ、これ、やっかいなママ友の要素とダブる
上司だったり、同僚だったり、恋人だったり・・・
どんな関係でも嫌なヤツの要素ってそんなものなのか

しかし、不思議なことに・・・。
最悪とまでには感じなかった読後感。
ありったけの“嫌”をこれでもか、とぶちまけた作者の遊び心に清々しさすら感じられたからかな。
あ、でも再読はしたくないですね~

厭な小説厭な小説
(2009/05/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 10 : 39 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ