スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
てのひらの闇 / 藤原 伊織
2015 / 03 / 20 ( Fri )
9784167614027.jpg



●内容情報●(「BOOK」データベースより)

飲料会社宣伝部課長・堀江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診されるが、それがCG合成である事を見抜き、指摘する。その夜、会長は自殺した!!堀江は20年前に石崎から受けたある恩に報いるため、その死の謎を解明すべく動き出すが…。


●著者情報●(「BOOK」データベースより)

藤原伊織(フジワライオリ)
昭和23(1948)年、大阪府生まれ。東京大学文学部仏文科卒業後、大手広告代理店に勤務の傍ら、執筆活動を始める。昭和60年に「ダックスフントのワープ」で、第9回すばる文学賞を受賞。平成7年には「テロリストのパラソル」で第41回江戸川乱歩賞を受賞。翌年には同作品で第114回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2002年11月
著者/編集: 藤原伊織
出版社: 文藝春秋
サイズ: 文庫
ページ数: 459p



●感想●

ページ数は多かったのですが、読みやすかったので一気読みしました。

緻密な設定に、魅力的なキャラ、現実味を感じさせるストーリー等が好きな感じでした。

まるでポエムのような具体性のない内容よりも、こういうお話の方が断然好み。

きれい事ばかりではなく、人生の悲哀を感じさせる展開でしたが、
最後の最後に一筋の希望を見せてくれたところも良かったと思います。



       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 01 : 43 | ★★★藤原伊織★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シリウスの道 / 藤原 伊織
2009 / 09 / 10 ( Thu )

読み応えがありました。
リアリティがある会話の描写が、お話に厚みを持たせていますね。
登場人物の表情が見える感じ。
特に人と人が絡み合うシーン・過去の回想シーンは引き込まれました。

『テロリストのパラソル』 とつながる部分もありますが・・・。
こういうときに致命的なのが、自分の記憶力のなさ
ものすごく気に入った本なのに、細かいところを忘れてる
そんな情けない気持ちも味わいつつ・・・困り顔

とにかく主人公や、その周りを取り囲む人々の生き様がかっこいいのがよかったです。
譲れない美学を持っている人間のかっこよさ、ですね。
パーフェクトなハッピーエンドではないのだけれど・・・。
彼らの美学は守られた、という微妙なラストでした。
うーん、複雑な余韻・・・渋かったです~


シリウスの道シリウスの道
(2005/06/10)
藤原 伊織

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 05 : 13 | ★★★藤原伊織★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テロリストのパラソル / 藤原 伊織
2008 / 06 / 26 ( Thu )
20150825.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。死傷者五十人以上。島村は現場から逃げ出すが、指紋の付いたウイスキー瓶を残してしまう。テロの犠牲者の中には、二十二年も音信不通の大学時代の友人が含まれていた。島村は容疑者として追われながらも、事件の真相に迫ろうとするー。小説史上に燦然と輝く、唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作。


●著者● (「BOOK」データベースより)

藤原伊織(フジワライオリ)
1948年、大阪府に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。広告代理店に勤務する傍ら、執筆を始める。85年「ダックスフントのワープ」で第9回すばる文学賞を受賞。95年、本書『テロリストのパラソル』で第41回江戸川乱歩賞を受賞。『テロリストのパラソル』は翌年、第114回直木賞も受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

●基本情報●

発売日: 1995年09月
著者/編集: 藤原伊織
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 314p





●感想●


読みやすかった!
面白かった!
私の好きなタイプの本だった

どこがって・・・。
主人公のキャラがかっこいい!
一言で言えばアル中の中年男なんですけれどね。
読んでいくうちにそのかっこよさにしびれます。
主人公が魅力的だとしっかり感情移入できるから余韻が深い深い・・・。
まるで自分自身の体験のように感情が揺れましたっ。

ハードボイルだけどとロマンがある・・・。
こんなお話がタイプなんですわ私
五條瑛さんのお話もそうですね。
この本、ここのところ読んだものの中でナンバーワンです
でも著者の藤原伊織さんは2007年に亡くなられたのですね
好きな作家が太宰治というところにも激しく共感するので、他の作品も読んでみようと思いました。





テロリストのパラソルテロリストのパラソル
(1995/09)
藤原 伊織

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

12 : 39 : 09 | ★★★藤原伊織★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。