スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アパリション / 前川 裕
2016 / 11 / 25 ( Fri )
アパリション






●内容● (「BOOK」データベースより)

予備校講師にしてミステリー作家の矢崎には、同じく作家を志す兄がいたが、ある日忽然と姿を消してしまう。折しも世間では二組の夫婦の失踪事件が注目を集めていた。犯人の手がかりとして不審人物が残した声が公開されたが、それは矢崎の兄のものだった!事件の裏で蠢く偽刑事の影。すべての謎が一つに収束するとき人間の歪んだ本性が明らかとなる、サスペンス長編!


●著者● (「BOOK」データベースより)

前川裕(マエカワユタカ)
1951年東京生まれ。一橋大学法学部卒。東京大学大学院(比較文学比較文化専門課程)修了。スタンフォード大学客員教授などを経て、法政大学国際文化学部教授。専門は比較文学、アメリカ文学。『クリーピー』が第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、作家としてデビュー。『2013年版このミステリーがすごい!』では「新人賞ベストテン(茶木則雄・選)」で第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年10月12日
著者/編集: 前川裕
出版社: 光文社
サイズ: 文庫
ページ数: 392p




●感想●

読みやすい文章なので、文字数の割に苦痛が全くなく、あっという間に読み終わりました。
“犯人”についても、種明かしされるまでは勘付きませんでしたし、
付きまとう不安やハラハラする展開がザ・サスペンスという感じ。

私個人の感想としては、ものすごくよかったとも、つまらなかったとも思いませんでした

しかし恐るべしサイコパス
知性と冷静さを持ち合わせていたら、なおのこと脅威ですね。
まさに“関わったら負け”
「 君子危うきに近寄らず 」だ~

予備校講師の裏事情など、細かく興味深い部分がありました。
やはり小説はリアルなほど面白いものだ、と思いました





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アパリション [ 前川裕 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2016/11/21時点)

            

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 
   ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                     
  111.gif             

  


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 19 : 10 | ★★★前川裕★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。