スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
神様の裏の顔 / 藤崎 翔
2015 / 05 / 15 ( Fri )
9784041021293.jpg







●内容情報● (「BOOK」データベースより)

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙したーと思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。聖職者か、それとも稀代の犯罪者かー驚愕のラストを誰かと共有したくなる、読後感強烈ミステリ!!第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

藤崎翔(フジサキショウ)
1985年生まれ。茨城県出身。高校卒業後、6年間お笑い芸人として活動。2014年に『神様の裏の顔』(受賞時「神様のもう一つの顔」を改題)で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2014年09月26日頃
著者/編集: 藤崎翔
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本
ページ数: 357p




●感想●

毎度のごとく、全然前情報を持たずに読んだので・・・
(タイトルさえ忘れて読んでいたので・・・)
なにこの退屈さ!と最初は思ったのですが、徐々に引き込まれての一気読みでした

登場人物にお笑い芸人がいて、そのネタにセンスがあるな~、と思ったら・・・
なんと作者の藤崎翔さんは元お笑い芸人なのですね!
どおりで、思わず声をあげて笑ってしまった部分もありました
言葉遊びが面白くて
お通夜が舞台のお話なので、まさか思わず笑ってしまうシーンがあるとは思っていませんでした。

それと、一件落着の後の展開にひねりありで、一粒で二度おいしい的な構成でしたねー。
後味がいいとは言えないストーリーのはずなのに、それほど悪くない読後感だったのはなんでかな?
作者にしてやられた、という感じで心地よくだまされた感があったからかなー。
読み手に悟らせない、でも後で「あ゛~っなるほど~っ」と思う絶妙な情報操作・・・
おお、エンターテイメントだ~、という感じでした







       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 05 : 18 | ★★★藤崎翔★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。