衣更月家の一族 / 深木 章子
2015 / 03 / 08 ( Sun )
9784562047710.jpg


●内容情報●(「BOOK」データベースより)

「すぐ来て下さい!姉が…、私の夫に殺されたんです」凶器の花瓶には通報者の夫の指紋が付着、その夫は逃走中…。これを捕まえれば万事解決、当初は単純な事件と思われたのだが、数日後に男が出頭、そこから思わぬ展開を見せ始める…。


●基本情報●

発売日: 2012年03月
著者/編集: 深木章子
出版社: 原書房
サイズ: 単行本
ページ数: 346p


●著者情報●(「BOOK」データベースより)

深木章子(ミキアキコ)
1947年東京生まれ。東京大学法学部卒。元弁護士。60歳を機に執筆活動を開始。2010年に『鬼畜の家』で第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞、2011年、同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



●感想●

タイトルから考えれば・・・

なるほどシンプルといえばそうなのでしょうが・・・

お話の収束に予想がつきませんでした。

一見無関係なストーリーが絡み合い、鈍感な私から見ると意外性のあるストーリーでした。

人が死ぬことが常なのはナンですが、だからミステリーは面白い!

つまらない作文を読ませられるリスクが小さい気がします。

退屈なマイワールド本を読んでしまってウヘーッとなった後は・・・

無意識にミステリーを選ぶようにしているかもしれません

爽快感は無かったけれど、具体性も何もない脳内お花畑を見せられるよりマシだったと思います~

…って、最近読んだある本を思い浮かべているのですがね~

あらあら、自分では書けない一読者が偉そうに、スミマセン

好みではなかっただけのことなのに恨みがましかったですね~

毒舌御免~



      111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

09 : 15 : 12 | ★★★深木章子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |