断貧サロン / 谷川 直子 (ふりかえり読書録)
2015 / 05 / 16 ( Sat )
9784309023304.jpg





●内容情報● (「BOOK」データベースより)

カレの正体は貧乏神!?BHK(貧乏神被害者の会)が主催する“貧乏を断つ”ためのサロン。そこには働かないイケメンの彼氏をもつ様々な女たちが集まって…文藝賞受賞作『おしかくさま』に続く痛快小説!


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

谷川直子(タニガワナオコ)
1960年、神戸市生まれ。2012年『おしかくさま』で第四九回文藝賞を受賞。競馬・ファッションに関するエッセイがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

●基本情報●

発売日: 2014年10月08日頃
著者/編集: 谷川直子
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 163p




●感想●

断貧・・・この時代ならでは、のテーマかも・・・

簡単に言うと“貧乏神”に取りつかれた主人公がその状態を脱するまでの話でした。

貧乏神の設定は所謂ヒモというやつ。

イケメンで一緒にいると気持ちを満たしてくれて、でも富を奪っていく存在。

それだけなら新鮮味がなかったのかもしれませんが、
幼馴染やBHK(貧乏神被害者の会)のメンバーとのからみで時々面白い台詞があったりしました。

「ケリーを持つのはケリーを持つためであって、バッグとして使うためじゃないわ」とか、
「いいこと、高いものには二つある。よくて高いものと、ただ高いだけのもの」とかね。

主人公は浮ついたキャラで、イケメン貧乏神に貢ぐくらいですから、
自分のお金→自分の人生を大切にしていません。

王子様に幸せにしてもらえる幻想を漠然と抱きながら、そうではない現実から逃避しているだけ。

でも途中、汚くて全然おしゃれじゃなく、全てがダサダサだけど役割を持って生活している人を意識した時に気づくのです。

なんか勝てないって。うん、そりゃあ恋愛至上主義で人生の後半まで持っていくのはしんどいでしょう。

人生勝ち負けではありませんが、外面だけ整えて満足できるのは若いうちだけなのでしょうねー。

さて“断貧”・・・。このお話でいう対策は現実を見据える冷静さと堅実さを持つことかな。





✿この感想は2015年2月に下書きしておいたものです✿







       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 30 : 03 | ★★★谷川直子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |