スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
黄金坂ハーフウェイズ / 加藤 実秋
2014 / 08 / 01 ( Fri )
bk4048742116.jpg




●内容情報● (「BOOK」データベースより)


江戸情緒とほのかなフランスの香り、東京の新名所、黄金坂。裏通りのバー、HOLLOW-会員制なのに立ち呑み、しかも昼酒限定ーここを事務所代わりに素人探偵を始めることになった就職浪人の隼人と、同級生の楓太&謎のバーテンダー、イズミ。賑やかでバカみたいで「あのころ」みたいに楽しい日々。だが…。





●感想●


最近、軽い本ばかり読んでいる気がする・・・

人が死んでいたりするストーリーを軽いと言ってしまうのもナンですが、ノリがね

読んでいる最中はそれなりに面白いのですが、それだけだったかな~

思春期から大人への転換・変革期での戸惑い、憂鬱、諦め、希望なんかがもっと深く描かれていたら、と思いますが・・・

それって自分の好みと合わないというだけかもしれません。

自分の日常が激動しているわけではないので、その分本の世界の中で感情を解放したい欲求があって・・・

どうやら常にそれを求めているのですね

本の中で感じ、旅し、冒険し、新しい扉を開きたい

例えありきたりな日常を描いたストーリーでも、実際その欲求をかなえてくれる本ってありますからねー

そう感じさせる差はどこにあるのだろう?と思いますが、よくわかりません

行き当たりばったりの私なので、偶然それに出会うことを期待してまた表紙をめくるのです


ところでイズミ君って結局ダレだったの?

怪鳥笑いつながりで朝美の兄弟ということでよかったのでしょうか?

なんだかんだで、イズミ君が絡むシーンが毎度面白かったかも~






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 58 : 10 | ★★★加藤実秋★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。