メロディ・フェア / 宮下  奈都
2015 / 02 / 21 ( Sat )
59112233.jpg




●内容●(「BOOK」データベースより)

大学を卒業した私は、田舎に戻り「ひとをきれいにする仕事」を選んだ―。注目の著者が、まっすぐに生きる女の子を描く、確かな“しあわせ”の物語。


●著者略歴● (「BOOK著者紹介情報」より)」

宮下/奈都
1967年、福井県生まれ。上智大学文学部哲学科卒業。2004年、「静かな雨」が文學界新人賞佳作に入選。07年、初の単行本『スコーレNo.4』が話題を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




●感想●

つらかった~

文字数が少ないのに読むのが苦痛だったこと!

前に読んだ「窓の向こうのガーシュウィン」がとてもよかったので期待して読んだのですが・・・

設定・背景等が悉く曖昧で、故に主人公の熱意・情熱も絵空事のようで、
全く感情移入できませんでした。

言葉から絵を思い浮かべられるか否か・・・は重要ポイントなんだなー。

大事件が起きるような派手なストーリーじゃない時ほど、それが問われる点なのかも・・・。

さらに言ってしまうと、人物に魅力がないとこうも乗れないものなのか、と認識しました。

直前に読んだ「絶叫/葉真中顕」がの主人公が悪事に手を染めても魅力的だったのに対し、
この主人公は正しさが疎ましいという、対照的な印象でしたねー。

しかしこの場合の“魅力”って、いったい何なのでしょう?

やはり自分が感情移入できるかどうか?ですかねー。

・・・そんなんで、私にとっては読書修行になってしまいましたが・・・

あくまでも個人的につまらなかったという感想です (また言ってどうする~ッ)

でもこれを経て、「窓の向こうのガーシュウィン」が生み出されたわけですものね。

そう思うと、他の作品も読んでみたい気がします。



     111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 53 : 09 | ★★★宮下奈都★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
窓の向こうのガーシュウィン / 宮下 奈都
2014 / 05 / 26 ( Mon )
9784087714500 (1)




●内容●  (「BOOK」データベースより)

十九年間、黙ってきた。十九年間、どうでもよかった。「私にはちょうどいい出生だった」未熟児で生まれ、両親はばらばら。「あなたの目と耳を貸してほしいんだ」はじまりは、訪問介護先での横江先生との出会い。そして、あの人から頼まれた額装の手伝い。「ひとつひとつ揺り起こして、こじあけて、今まで見たこともなかった風景を見る」心をそっと包みこむ、はじまりの物語。



●感想●

とてもよかった・・・
まるで言葉の宝石箱のようでした。
言葉を編んでお話を作り上げていくのなら、こういう形にしてほしい、そう思えるお話でした。

びっくりしたのは、主人公が自分と同じ感覚を持つ人間だったこと。
私も、音の聞き分けができないタイプ。
意味のある音とそうでない音を聞き分けられず、雑音の方が大きく聞こえてしまうのです。
そんな風だから、言葉の勘違いをして呆れられたり、おもしろがられたりすることが多いのですが、そこが同じでした。
人の真意が分からないことも多々あるのですが、それもやはり同じ。
なので、とても架空の人物とは思えず、深く共感しながら読みました。

…といっても、主人公は実はとても聡明な人物で、そこは私とは違うところでした。
そして彼女は、いろいろな人とのやり取りを通していろいろな気づきを得ます。
それは自分にとっての成長であると共に、まわりの人も幸せにする変化。
そんなお話の流れが素敵でした。

また、このお話にたくさん描いてあったのが人を大切にする気持ちでした。
“あんころ”な時を永久保存したい気持ち。
でも、一方でそれができないことを知っているから、切なくなる気持ち。
大切な人を守りたい気持ち。
自分や、まわりの人のありのままを大事にする気持ち。
時にきゅんと胸が苦しくなるくらいの純粋な気持ちでした。

ストーリーが気に入った他に、独特の言葉使いや、言葉遊びのようなおもしろさも新鮮でよかったです。
最近読んだ中では一番好き、と思える本でした。




●印象に残った文章●

おんなじことをいっているようでも中身がぜんぜん違っていることってある。そういうことばっかりだといっても差し支えないくらいだ。きっと私の言葉も私の思うようにはこの人に伝わらないだろう。


そこをわかりあえればそれでいい。それ以外のことはわからない。わからないということをわかっていればいい。


この人は無理だとか駄目だとかそんなことばかりいっているような気がする。私もずっと無理だったし駄目だったから、気持ちはわかる。だけど、無理だとか駄目だとか口に出してしまうのは、ずるい。







           111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

   

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

22 : 41 : 49 | ★★★宮下奈都★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |