スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
痴人の愛 / 谷崎 潤一郎
2015 / 04 / 19 ( Sun )
9784101005010.jpg




●内容情報● (「BOOK」データベースより) 

生真面目なサラリーマンの河合譲治は、カフェで見初めた美少女ナオミを自分好みの女性に育て上げ妻にする。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの回りにはいつしか男友達が群がり、やがて譲治も魅惑的なナオミの肉体に翻弄され、身を滅ぼしていく。大正末期の性的に解放された風潮を背景に描く傑作。

 

●基本情報●

発売日: 2003年06月
著者/編集: 谷崎潤一郎
出版社: 新潮社
サイズ: 文庫
ページ数: 449p
注記: 128刷(初版1947年)




●感想●

同時に読んだ「賢者の愛」の記録にそれと比較した感想を書きました。
しかしこれは読んでいてストレスがたまるお話でしたね~
自分が感情移入していたのがナオミではなく、河合譲治だったからなのでしょうが・・・
ナオミの小賢しさ、譲治の間抜けさに悶々としました

でも、ある意味・・・
そこまで自分を犠牲にし、プライドや親子の思い出や、社会的立場を傷つけてもいいと思えるほどの感情を持てるということは幸福なことなのでしょうか?
何をよしとするかは人それぞれですからね。
周りにどう見えようが、究極の無償の愛こそが至上の幸福だという世界を私が知らないだけかもしれないな・・・
そんな風にも感じました。






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

09 : 31 : 07 | ★★★谷崎潤一郎★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。