スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カウントダウン / 真梨 幸子
2017 / 04 / 11 ( Tue )
カウントダウン








●内容● (「BOOK」データベースより)

余命、半年ー。海老名亜希子は「お掃除コンシェルジュ」として活躍する人気エッセイスト、五十歳独身。歩道橋から落ちて救急車で運ばれ、その時の検査がきつかけで癌が見つかった。潔く“死”を受け入れた亜希子は、“有終の美”を飾るべく、梅屋百貨店の外商・薬王寺涼子とともに“終活”に勤しむ。夫を略奪した妹との決着や、“汚部屋”の処分など、過去から突きつけられる数々の課題に直面する。亜希子は“無事に臨終”を迎えることができるのか!?


●著者● (「BOOK」データベースより)

真梨幸子(マリユキコ)
1964年、宮崎県生まれ。『孤虫症』(講談社文庫)で第32回メフィスト賞を受賞、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)   


●基本情報●

発売日: 2017年02月23日頃
著者/編集: 真梨幸子
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 306p




●感想●

ストーリーよりも・・・

負けず嫌いで、暴君の割に、人目を気にして格好をつけることを常としている主人公の亜希子のキャラがおもしろかった!
それを取り巻く人間関係も・・・
姉妹間の攻防や、仕事関係の人間関係の裏や、ひねくれた恋愛感情や、女性同士の嫉妬&無いものねだりがとにかくリアルでしたねー。
中でも姉妹(兄弟)関係の描写が巧みだったと思います。
おおっぴらに言うと人格を疑われそうですが、私は亜希子に共感できる部分もけっこうありました。
甘え下手な性格とか、不当に扱われた時の怒りとか、自分の感情に素直になれなくて結果孤独に陥るところとか・・・
でも、悉く人間の醜さに焦点が合っていた気がして(そこを可愛いと思えるかどうかは人それぞれ?)ストレスがたまるストーリーでした。
文章は読みやすいし、たまにはネガティブなものを見るのもいいのかなという気もしますが、あまり浸かりたい世界ではないな、というのが本音。
共感と同時にカタルシスが得られたらなー。
しかしリアリティを追求するなら、その両立は難しいのかもしれません。






●癌というのは、死の宣告というよりも、長いカウントダウンのはじまりなのよ。……うん、そう。このせっかくの猶予期間を、有効に有意義に過ごさなければね。

●……あの子は、昔からことあるごとに私と競り合い、そして結局は、母からの褒め言葉を勝ち取ってきたのだ。

●「あの子はね、赤ちゃんの頃からそうなのよ。私の神経を逆撫でするようなことばかり。私への対抗心を銜えて、生まれてきたような子なの」

●虚しさと、やるせなさと、切なさと、惨めさと、悔しさと、悲しさと……とにかく、この世に存在するありとあらゆる負の感情が、一気に体の中を巡った。
たぶん、それを一言で表すならば「不毛」だ。
五十年間、この世に生きていながら、なにも残さず なにも刻まず、散っていく我が身がたまらなく寂しい。

●遺産相続の争いは、少ない遺産でも起こりがちなんです。いえ、むしろ、少ない遺産の方が起こりやすい。遺産が少ないと、ちゃんとした遺言も残さないものですからね。それが火種になるんです、私の知っている方で、お母様の形見の浴衣一枚を巡って、裁判になった姉妹がおられました。そんな高価なものではなく、二万円するかしないか……という程度のものでしたが、そのお母様がとても大切になさっていたもので、二人の娘にそれぞれ「これを上げるから大切にしてね」と言っていたらしく、それで、取り合いになったようです。つまり、取り合っていたのは“浴衣”というモノではなくて、自分がどれだけ母に愛されていたか……というプライドなのです。







111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

    
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

21 : 16 : 47 | ★★★真梨幸子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふたり狂い / 真梨 幸子
2015 / 09 / 24 ( Thu )
ふたり狂い






●内容● (「BOOK」データベースより)

自分のことを書いていると思いつめた男の危険な行動(「エロトマニア」)、マンションの惨劇がフラッシュバックして襲いかかる女の苦脳(「デジャヴュ」)、何者かが人の記憶操作をしていると勘繰った女の疑念(「ゴールデンアップル」)-正常な日常が歪んだ世界へ徐々にずれてゆき、狂気が複雑に絡み合う。人が壊れゆくその瞬間をじわりとあぶり出し、どろりとえぐり出す、渾身の連作短篇。


●目次● (「BOOK」データベースより)

エロトマニア/クレーマー/カリギュラ/デジャヴュ/ゴールデンアップル/ホットリーディング/ギャングストーキング/フォリ・ア・ドゥ


●著者● (「BOOK」データベースより)

真梨幸子(マリユキコ)
1964年宮崎県生まれ。2005年『孤虫症』(講談社刊)で第32回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後、精力的に作品を発表し、人間心理の奥を深く掘り下げる作風で人気を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2009年03月25日
著者/編集: 真梨幸子
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
ページ数: 335p





●感想●


たまに娘に本を選んでもらうという遊びをしている私ですが・・・

今回差し出されたのはこの本でした。

読み始めたら、短編の連作で、なかなか入り込めず

短編にありがちな浅さに欲求不満を感じ、

読み終わるまで、ものすごい時間がかかってしまいました。

(少ない言葉や簡単な表現で深みのある内容を言い表すのが本当のすごさだと思っていますが、
 それが一番難しい。
 詩や俳句、短編で心を動かすことは超上級テクニックですよね。
 それだけに、なかなかいいと思えるものに出会えないというのが私の本音です。)
 
文字数が多くても、おもしろい本はどんどん読めるのに、今回は読書修行でした

全然入り込めず、“狂った世界”にも魅力を感じられず、うん、やっぱり修行だった~(しつこいよっ)

皆が皆、ハッピーじゃないところも好きじゃない感じだったな。(だからしつこいって)

それならそれで、悲哀が感じられたら心が動かされたのかもしれないけれど、
ホントただ狂ってる人の目撃者になっただけという印象・・・。(まだ文句言ってる)

どの人物にも共感できなかったというのが敗因ですねー。(恨み節タラタラ)



このように・・・

リアリティに乏しいお話は危険なんですよ~、何がって、ストレスがたまりすぎて自分が吐いた毒にやられてしまうんですわ~






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

13 : 00 : 50 | ★★★真梨幸子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鸚鵡楼の惨劇 / 真梨 幸子    (ふりかえり読書録)
2015 / 08 / 07 ( Fri )
9784094061611.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

一九六二年、西新宿。十二社の花街に建つ洋館「鸚鵡楼」で惨殺事件が発生する。しかし、その記録は闇に葬られた。時は流れて、バブル全盛の一九九一年。鸚鵡楼の跡地に建った高級マンションでセレブライフを送る人気エッセイストの蜂塚沙保里は、強い恐怖にとらわれていた。「私は将来、息子に殺される」-それは、沙保里の人生唯一の汚点とも言える男の呪縛だった。二〇一三年まで半世にわたり、因縁の地で繰り返し起きる忌まわしき事件。その全貌が明らかになる時、驚愕と戦慄に襲われる!!


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

真梨幸子(マリユキコ)
1964年宮崎県生まれ。2005年、『孤虫症』で第三十二回メフィスト賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年07月07日頃
著者/編集: 真梨幸子
出版社: 小学館
サイズ: 文庫
ページ数: 421p




●感想●

読んでいる最中は退屈なし。

真相が知りたくて、どんどん読み進みました。

結果的には作者に騙された私。

予想とは違ったストーリーでした。

特に四章を読んで脱力。

さんざんドロドロを見せられた後に、少しの純粋と希望があったか、と思いきや・・・

救われませんでしたねー

でも、人の気持ちのすれ違いなんて、そんなものですよね。





✿この感想は2014年9月にメモしておいたものです✿





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 02 : 25 | ★★★真梨幸子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四〇一二号室 / 真梨 幸子
2014 / 02 / 21 ( Fri )
9784344022614.jpg



これは・・・

好きじゃない~

陰湿で汚い印象で・・・
せっかくの読書という趣味の時間が鬱々としたものになってしまった~


最後まで展開が読めないところはよかったし、
少ない登場人物の中でよくもまあ、込み入ったストーリーを練ったものだ、とは感心しましたが・・・

だからといって面白いとは思えなかった私。

きれいごとだろうが絵空事だろうが・・・
希望のあるお話が好きなのです
 
よって、読後感もどんよりでした



【送料無料】四〇一二号室 [ 真梨幸子 ]

【送料無料】四〇一二号室 [ 真梨幸子 ]
価格:1,470円(税込、送料込)

    111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

   

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 09 : 58 | ★★★真梨幸子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。