スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ラメルノエリキサ  / 渡辺 優
2016 / 04 / 20 ( Wed )
ラメルノエリキサ






●内容● (「BOOK」データベースより)

女子高生・小峰りなのモットーは、どんな些細な不愉快事でも必ず「復讐」でケリをつけること。そんな彼女がある日、夜道で何者かにナイフで切り付けられる。手がかりは、犯人が残した「ラメルノエリキサ」という謎の言葉のみ。復讐に燃えるりなは事件の真相を追うがー。


●著者● (「BOOK」データベースより)

渡辺優(ワタナベユウ)
1987年宮城県生まれ。大学卒業後、仕事のかたわら小説を執筆。『ラメルノエリキサ』で第28回小説すばる新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年02月
著者/編集: 渡辺優
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 181p




●感想●


忙しい忙しいと言い・・・
読書から遠ざかっていました。

でも「 読んだら忘れない読書術 」を読んで悔い改めました。
すきま時間でも本は読めると。

で、久々に読んだのがこれ。

しかししかし、読み始めると眠くなることの繰り返し
女子高生が主人公ということで、感情移入がしにくかったのが敗因のひとつでした。
イマドキの子はこんなこと考えてるのか~、と引くこと多々で。
まあ、この主人公の人物設定が少しとんだ感じではあったのですがね。
自分が害されたと感じたら復讐せずにはいられないという、少々エキセントリックな人物設定でした。

で、なんだかんだで復讐心も満たされ、彼女のスッキリした気持ちで閉じられたお話。
納得できる程度にはハッピーエンドだったと思います。
でも、友人や姉妹、親子間の同性ならではの複雑な感情にはモヤモヤしたかなー。
自分は女同士のめんどくささが苦手なタイプなので。
なんとか読みきったけれども、爽快感はあまりなかったので、どんどん次にいきたいなー、と思いました。





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 24 : 31 | ♡かわいいもの♡ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。