ランドリー /  森 淳一     ★★★
2017 / 07 / 29 ( Sat )
ランドリー






●内容● (「BOOK」データベースより)

僕の名前はテル。コインランドリーで洗濯物を見張る仕事をしてる。小さい頃の頭のケガのせいで、周りの人とうまく付き合えないみたいだ。ある日、忘れ物を届けたことがきっかけで水絵さんという女性と知り合った。水絵さんは綺麗だけど、笑った顔を見たことがない。数日後、水絵さんは「私は変わる」と言って故郷に帰った。乾燥機にワンピースを忘れて。忘れ物は届けなくちゃ。僕は水絵さんの故郷に向かったー痛々しいほどピュアな男女の、切なすぎる物語。書店員が選んだもう一度読みたい文庫・泣ける小説部門第1位!


●基本情報●

発売日: 2016年04月13日
著者/編集: 森淳一
出版社: 双葉社
発行形態: 文庫
ページ数: 220p






●感想●


「コンビニ人間 / 村田 沙耶香」 が私に相当のダメージを与えました。
個人的に嫌いな本ベスト3に入るくらい不快で、その後読書をする気が起きなくなりました。

…というのは大げさで、なんだかんだで忙しく、小説が読めない日々を送っていました。
(軽い読み物や雑誌は別です)
細切れの時間を使って読書する強者も多いと思いますが、私はある程度の時間と体力を必要とするクチ。
気付けばあまり楽しみのない日々を送っていて、これではいかん!とリハビリ的に図書館で文庫を借りてきました。
厚みが無く、パワーを使わなそうな印象だった本です。

そして一気読み。
ピュアな主人公テルと不器用な水絵。
そしてこの上なく優しいのに偽悪者なサリー。
テルのおばあさんが言うように世の中の人がうまくいく人とうまくいかない人に二分されるなら、主要な登場人物は、うまくいかない人たちだと思いました。

でも、だれだって愛を持つことはできるのですね。
そして、それを与えることも・・・。
まさに愛があるハッピーエンド、シンプルなストーリーで久々の読書にはよかったです。

時折出てくる 「想像して…」 のシーンが印象的でした。



●「分かってるの。あまりしゃべらない人は、心の中でいっぱいしゃべってるの」









111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

    

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

10 : 12 : 52 | ★★★森淳一★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |