ダブルトーン / 梶尾 真治
2016 / 09 / 29 ( Thu )
ダブルトーン







●内容● (「BOOK」データベースより)

私の記憶の中のあなたは誰?ユミという同じ名前を持つ二人の女性が、互いの記憶を共有している不思議に気づいた時から、衝撃的な愛のドラマが始まった…。タイムトラベル・ロマンスを超えるラブ・サスペンスの新境地。


●著者● (「BOOK」データベースより)

梶尾真治(カジオシンジ)
1947年、熊本市生まれ。小説家。71年、短編「美亜へ贈る真珠」で作家デビュー。91年の『サラマンダー殲滅』で日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2012年05月
著者/編集: 梶尾真治
出版社: 平凡社
サイズ: 単行本
ページ数: 268p




●感想●

だんだんと先が読めてしまった~

登場人物が少ないから勘の悪い私でもさすがにね。

まあ、それでもどうまとめるのか興味津々だったわけですが・・・

なんとなくすっきりしない幕切れでした

裕美はまあいいとして、由巳の方が蔑ろにされた感が・・・

洋平への気持ちは由巳の方が純粋だったように思えたので、その気持ちに感情移入していた私としてはなんとなく欲求不満

裕美はもともとは日常への感謝の無い生活疲れした主婦だからなー

もうちょっといいところを見せてくれていたら読後感も違ったのに・・・と思いました。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダブルトーン [ 梶尾真治 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/9/29時点)

       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 48 : 58 | ★★★梶尾真治★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボクハ・ココニ・イマス 消失刑  / 梶尾 真治
2011 / 08 / 27 ( Sat )
ボクハココニイマス







●内容● (「BOOK」データベースより)

実刑判決を受けた浅見克則は「懲役刑」と「消失刑」のどちらかを選べ、と言われる。消失刑だったら、ある程度の自由が与えられ、刑期をどのように過ごしてもかまわないらしい。いったい、どんな刑罰なのか?究極の孤独。僕は、いないも同然だった。それでも、彼女を救いたかった。


●著者●

梶尾真治(カジオシンジ)
1947年、熊本市生まれ。小説家。71年、短編「美亜へ贈る真珠」で作家デビュー。91年の『サラマンダー殲滅』で日本SF大賞を受賞


●基本情報●

単行本: 327ページ
出版社: 光文社 (2010/2/19)
発売日: 2010/2/19





●感想●


面白かったです

あるきっかけで犯罪者になってしまった主人公・・・。

彼が本来善良な人間というところがいいですね。

“消失刑”を受け入れ、罪を償おうとする主人公をいつの間にか応援しながら読んでいました。

人間の裏を見ても、最終的には人間に絶望しない純粋さが羨ましくもありましたねー。



特に後半の展開は退屈なしで、一気読みでした

矛盾点を感じた部分もあったのですが、面白かったから細かいことは言いっこなしですね

パーフェクトなハッピーエンドではないけれども希望が持てるラストがよかったです

やっぱり読後感がいいお話が好きです~



【送料無料】ボクハ・ココニ・イマス

【送料無料】ボクハ・ココニ・イマス
価格:1,785円(税込、送料別)



ボクハ・ココニ・イマス 消失刑ボクハ・ココニ・イマス 消失刑
(2010/02/19)
梶尾 真治

商品詳細を見る


111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 58 : 20 | ★★★梶尾真治★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |