スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハミザベス / 栗田 有起
2007 / 09 / 07 ( Fri )
08774629.jpg







●内容● (「BOOK」データベースより)

母親と二人暮らしをしていたまちるははたちの誕生日直前、死んだと思っていた父からマンションを相続する。元恋人の幼なじみや、父の同居人だった女性との奇妙な友情。新しい部屋で重ねる日常。少しずつ自立していく、まちる…。諦念とユーモアをやわらかな会話で紡ぐ秀作。第26回すばる文学賞受賞。


●目次● (「BOOK」データベースより)
ハミザベス/豆姉妹


●著者● (「BOOK」データベースより)

栗田有起(クリタユキ)
1972年長崎県生まれ。名古屋外国語大学外国語学部英米語学科卒業。母娘の自立を描いた「ハミザベス」で第26回すばる文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2003年01月11日
著者/編集: 栗田有起
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 172p





●感想●

「ハミザベス」って何?

題名がわけわからんかったのと、表紙の絵が面白い、という理由で読んでみました。

なのでちょっと拍子抜け・・。
「ああ、そういうことですかー・・。」てな感じで・・困り顔

この本には2つのお話が納められていました。
ちょっと共通点があるお話だったかな。

ものすごく不幸というほどではないけど、重いものを抱えている登場人物が淡々と自分の日常をとらえているところとか。
それに、なんだかんだでも最後は前向いてて希望を感じさせるところとか。

表紙に惹かれた私にとってはちょっと期待はずれでした~





       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 44 : 32 | ★★★栗田有起★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。