スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サバイバー / 木下 半太
2016 / 02 / 24 ( Wed )
サバイバー








●内容● (「BOOK」データベースより)

四月一日午後三時、突然世界が崩壊した。すべての移動手段・通信手段は遮断され、地球の人口は六十数万人に激減する。神様がリセットボタンを押してくれたと感謝するニート。壊滅した東京で呆然とする不動産屋は、やるべき事が他になく小説を書き始める。初めて生きる意味を考えた生存者たちの壮絶な冒険記。


●著者● (「BOOK」データベースより)

木下半太(キノシタハンタ)
1974年大阪府生まれ。2006年『悪夢のエレベーター』で小説家デビュー。同書はベストセラーとなりドラマ化・映画化・舞台化された。『悪夢の六号室』がドラマ化、『サンブンノイチ』が映画化された。一方で、劇団「渋谷ニコルソンズ」主宰として、全公演の脚本・演出を手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年02月13日頃
著者/編集: 木下半太
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 277p



●感想●

死が隣り合わせにある状況だからこそ、より生を感じられるようになった人々。

設定は面白かったけれど、正直読んでいて楽しくなかった。

最悪な状況での群像劇の中に、気高さとか純なものをを垣間見せたかったのかな、
という流れでしたが・・・

なぜか心が動かなかった。

具体性が無いせいか、それともとんとん拍子に事が進むせいなのか、
もろフィクションの匂いが強く感じられた気がします。
(作り話にもリアリティを求めたいわがままな私…それさえあればイチコロのちょろい奴なんですがね)

全体を通して、「おまえも生半可に生きてるんだろ?」と責められ、
「本能むき出しで生きてみろよ」と発破をかけられた感じですが・・・

ただただ、心が動かなかったんですわ。

しつこいですね~、あくまでも個人の感想なので辛口御免!です~




●人は、地球が崩壊しなければ神様に感謝できないのだ。


●「誰もが表の顔だけじゃ生きていけません。いずれ、行き詰って自分が壊れてしまう。こんな言い方をするのはナンセンスかもしれませんけど、人間も表の顔だけでコミュニケーションをとりすぎたのかもしれませんね。人間らしい裏の顔を隠し、我慢の限界を超えた。だから地球が崩壊したのかも」


●自分より弱い人間がいると、こんなにも安心できるのか。
 もしかすると、人間は自分のために生きることができないのかもしれない。恋人や家族を作るのも、自分の存在が他人の人生にとって必要だと思われたいのだ。





           111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

21 : 00 : 42 | ♡かわいいもの♡ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。