桐島、部活やめるってよ / 朝井 リョウ
2010 / 09 / 18 ( Sat )
441.jpg



●内容● (「BOOK」データベースより)

バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。第22回小説すばる新人賞受賞作。


●目次● (「BOOK」データベースより)

菊池宏樹/小泉風助/沢島亜矢/前田涼也/宮部実果/菊池宏樹


●著者● (「BOOK」データベースより)

朝井リョウ(アサイリョウ)
1989年5月生まれ、岐阜県不破郡出身。早稲田大学文化構想学部在学中。2009年、「桐島、部活やめるってよ」で第二十二回小説すばる新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2010年02月
著者/編集: 朝井リョウ
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 198p






●感想●


表紙やタイトルから軽いイメージを受けたので・・・。

そのつもりで読んでみたら、予想外に泣かされてしまいました

一言で言ってしまえば高校生の日常のお話だったのですが・・・。

学校という世界に流れる暗黙のルールやその世代が持つ特有のストレスがリアルだったと思います。

例えばそれは
目立つトップグループとそれ以外のグループという階層化や、契約しているような友人関係や、
大人ヘの反発と共にある依存や、自意識過剰や、将来への不安だったりするわけですが・・・。

それが嫌味じゃなく、人がもともと持つ孤独感と一緒に描写されていて、ツーンときましたね。

なんといったらよいか、オブラートに包まれた現実にがんじがらめになっている様など・・・。

思ったのですが、葛藤は避けられないことだとしても、自分の好きなものがある人は強いですね。

なんとなくラクに生きるのは実は虚しいこと、なのですよね。


あとは構成が面白いな、と思いました。

タイトルの桐島という人物が、どの章にも間接的にしか登場せず、
登場人物をつなげるキーパーソンの役割という設定が面白かったと思います。








桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2010/02/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る



こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 12 : 51 | ★★★朝井リョウ★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |