スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
賢者の愛 / 山田 詠美
2015 / 04 / 19 ( Sun )
9784120046865.jpg



●内容情報● (「BOOK」データベースより) 

初恋の人を奪った親友の息子に、『痴人の愛』から「直巳」と名付けた真由子。22歳年下の直巳を手塩に掛けて“調教”しー。憧れ、嫉妬、そして復讐。谷崎潤一郎賞作家がおくる、絢爛豪華な愛憎劇がここに!
 


●著者情報●(「BOOK」データベースより) 

山田詠美(ヤマダエイミ)
1959年東京都生まれ。85年「ベッドタイムアイズ」で文藝賞を受賞、作家デビュー。87年『ソウル・ミュージックラバーズ・オンリー』で直木賞、91年『トラッシュ』で女流文学賞、2001年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年01月
著者/編集: 山田詠美
出版社: 中央公論新社
サイズ: 単行本
ページ数: 269p



●感想●


賢者の愛=自己・他者コントロールをし、計画的に理想を実現し、主導権を持ち続ける愛?

痴人の愛=相手にコントロールされ、相手の理想を実現するのに利用され、相手に主導権がある愛?


どちらにしても・・・
犠牲が大きな愛の形でした。

「賢者の愛」と「痴人の愛」を同時に読んだのですが・・・
どちらもストレスフルでしたねー。

一見冷静な賢者モードでも心のうちはドロドロの女性、性欲の前には痴人モード…でも心は案外ピュアな男性・・・
そんな一般的な性差の対比という捉え方もできるのかな?

この「賢者の愛」では女性特有の心理戦や感情優先の主観目線が怖かった
私は経験を通して知っていますが・・・
狙い澄ました人物の美点や幸福を奪うのが大好物のユリみたいな人っているのです
決して小説の中だけにいる作られたキャラではない・・・
そしてこのお話の通りに、そういうタイプは悪意が向けられたことなどない無垢な存在を狙うのですねー
結果生じた女性同士の憎しみは恐ろしい
無垢だったはずの魂は怒りに燃え上がり悲しみにひたることになるのですが、
その純粋さを奪うことこそが“ちょうだいオバケ”の真の狙いなのでしょうね。
さすが女性作家! その辺りの描写はリアルでした。

そしてそれに比べたら、男性はシンプル。
欲に素直で、計算高くなく、恋敵との関係も屈折なし。
一概には言えませんが、やはり賢者=女性、痴人=男性という図が当てはまる気がします。
・・・といっても賢者がよくて痴人が悪いわけではなく、この場合どちらに転んでも同じ。
どちらにしても天国のような地獄、そして地獄のような天国を味わうことになるのだろうな、という気がします。

読み終わってみて・・・
「賢者の愛」は女性作家が、「痴人の愛」は男性作家が書いたということに非常に納得した自分です。




       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

09 : 25 : 20 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジェントルマン / 山田 詠美
2013 / 02 / 24 ( Sun )
9784062173865.jpg




悲しい余韻でした。

報われない人の思いが重なりすぎて・・・

そうなるだろう予感は冒頭からありましたが、切ない。

自分は普段は嫌な人、間違えてる人、自分をコントロールできない人等には感情移入しないはずなのですが・・・

そういうものを超えて気持ちを揺さぶられるものがありましたね。

なぜだろう?

ただのヘンタイや悪人や独りよがりな人間の物語なはずなのに

とても悲しい余韻でした



最後にとっても印象に残った一言を↓

「な?世の中、ちゃちな不幸だらけだろ?それを、みんな必死になって隠そうとしている。
 それなのに、たいしたことないちっぽけな幸せは見せびらかしたがる。くだんねえな」




【送料無料】ジェントルマン [ 山田詠美 ]

【送料無料】ジェントルマン [ 山田詠美 ]
価格:1,470円(税込、送料込)


111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 46 : 24 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
学問 / 山田 詠美
2009 / 10 / 09 ( Fri )

まず蓋棺録。
そして子供時代の出会いから始まる物語。
青春の性の目覚めを経て・・・。
特別な人という意識を持ちながらも直接的には結ばれなかった幼なじみ。
このもどかしさは甘苦いですねー。

だれをも味方にしてしまう魅力を持つ男の子・心太がすごく魅力的なので・・・。
自分も胸がきゅーんとしてしまうのですね~
捕虜になってしまうのですね~

青春にきゅーん、人生にきゅーん。
恋する気持ちを持った人は、一生ロマンチックなのだっ

学問学問
(2009/06/30)
山田 詠美

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

15 : 13 : 19 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アニマル・ロジック  / 山田 詠美
2008 / 06 / 22 ( Sun )
アニマルロジック







●内容● (「BOOK」データベースより)

主人公は、ヤスミン。黒い肌の美しき野獣。人間の動物園、マンハッタンに棲息中。あらゆる本能を手下にして幸福をむさぼる彼女は、言葉よりも、愛の理論よりも、とりこになった五感のせつなさを信じている。物語るのは、私。かねてヤスミンとは、一喜一憂を共にしてきた。なにせ彼女の中を巡り流れる「無垢」に、棲みついている私だから…。小説の奔流、1000枚の至福。泉鏡花賞。


●基本情報●

発売日: 1996年04月
著者/編集: 山田詠美
出版社: 新潮社
サイズ: 全集・双書
ページ数: 573p




●感想●
コレはお友達に借りた山田詠美シリーズ第5弾です
イヤー、読むのに時間がかかったかかった
なぜでしょう。
はっきり言って私の好みではなかったのです~
読書修行をした感じですね~困り顔
でも残る文章は所々ありました。

***ヤスミンは、マゾヒストでもあり、サディストでもある。
欲望を開発した者は、常に、どちらでも有り得るのだ。***

***差別主義者ってのは、いつだって、勝ち負けばかりを気にしている人間を言うからよ。
いつも自分が優位に立とうとする。その理由を捜している。
でもね、理由なんか見つからないの。
だって、元々、人間同士に勝ち負けなんてないんですもの。
理由が見つからないから、今度は、肌の色を理由にしようとする。
そのことで、優位に立とうとする。くだらないったらありゃしない。
人間同士に勝ち負けがあるとしたら、それは、とっても個人的な領域にしかないわ。
そこでは負けることも気持ち良いのよ。
私は、私に、ファックしてって言わせる男が好き。もちろん、そう言う男も好きよ***

いや~、今回は特に・・・。
我ながらアホっぽい感想でしたっ困り顔





アニマル・ロジック (新潮文庫)アニマル・ロジック (新潮文庫)
(1999/10)
山田 詠美

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

22 : 42 : 51 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひざまずいて足をお舐め / 山田 詠美
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20150828.jpg






●内容● (「BOOK」データベースより)

SMクラブの女王様が、新人賞受賞の注目作家になった。親友、忍お姉さんが語る主人公ちかの世界は、ストリップ嬢、黒人に群がる女達、SMクラブの女王様と奴隷たちと猥雑だけど、なぜか不思議に澄みきっている―。夜の世界をあっけらかんと遊泳しながら作家となったちかの本音と過去の記憶を、恋愛についての様々な真理をちりばめながら綴る著者の虚構的半自伝小説。


●基本情報●

発売日: 1991年11月
著者/編集: 山田詠美
出版社: 新潮社
サイズ: 文庫
ページ数: 318p





●感想●

お友達に借りた山田詠美さんの本第4弾

この本もずいぶん古い本だけれど・・・。
印象深い文章がたくさんありましたね。
山田詠美さんの半自伝的小説ということなので・・・。
ご本人の考えがちりばめられている、ということなのかな。

思いました。
どんな世界で、何をしていようとも、頭のいい人は魅力的ですね。
内面が複雑なら、私のストライク

あ、そうそう。
最近の私のブームは読書なのですが、本を読むほどにテレビとは離れていくのです。
その理由がこの本の中の文にありました。

***親切なテレビだとかは、そういうもの(目に映る部分をアッピールして心に移すこと)
を汲み取る楽しみを人に与えることって、すごく少ないと思うね。
小説って、字だけしかないのに、人それぞれが心の中に携えている五感を
すごく活用させることが出来るもんだと思う。***






      111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 00 : 06 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハーレムワールド / 山田 詠美
2008 / 05 / 14 ( Wed )
ハーレムワールド







●内容● (「BOOK」データベースより)

ティエンは二年も前に知り合ったサユリのことを何にひとつ知らない。気が向くとふらりと彼の部屋にやってきて数日泊まっていく。サユリの恋人シンイチは彼女が黒人との混血だとは知らない。街で知り合った黒人のスタンをサユリはシンイチの部屋に同居させる。中年の外交官クラウスも彼女に夢中だ。サユリと四人の男たちの新しい愛の神話。


●基本情報●

発売日: 1990年04月
著者/編集: 山田詠美
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 205p



●感想●

お友達に借りた山田詠美さんの本第3弾はコレ

嫌味なほどモテモテなヒロイン、さゆり・・・
好き勝手に振舞っている彼女に翻弄される男達は、なんだかバカにも思えてしまう
こういう女の人がウケた時代・・・それはバブル時代だ~!!
1987年の作品だから、まさにバブル真っ只中困り顔
当時この本をバイブルのように読んだ女性が大勢いたのでしょうか。
なんて・・・。
あまり深入りせずに読み進めていましたが・・・。
最後の章で、さゆりの心の闇が明らかになり、
彼女が本物の愛に触れたシーンでは少し感情がゆれたかな。
悲しみが心の奥に染み付いている人ってセクシーだからね。
少なくとも私にとっては・・・。
この感覚は、一種の性癖みたいなもんだーねー






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 32 : 32 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラビット病 / 山田 詠美
2008 / 05 / 12 ( Mon )
ラビット病







●内容● (「BOOK」データベースより)

天涯孤独で大金持ちのわがまま娘・ゆりと、横田基地に勤めるアメリカ軍人・ロバートは、何もかもまるっきり違っているけれど、心も体もぴったり馴染んだ恋人同士。怖がりで涙もろい純情青年のロバちゃんは、気分屋で素っ頓狂なゆりちゃんに翻弄されてばかり。周囲に呆れられてもへっちゃらで、いつもうさぎみたいに寄り添ってくっついている二人の日々を描いた、スイートでハッピーな連作集。


●目次● (「BOOK」データベースより)

GAS/ボディ・ジャッキ/ラビット病/みみみ警報器/双子届/すあまのこども/ロバちゃんはママ/ロバの魂/ゆりの嫁入り


●著者● (「BOOK」データベースより)

山田詠美(ヤマダエイミ)
1959年東京都生まれ。明治大学文学部中退。85年文藝賞受賞の『ベッドタイムアイズ』でデビュー。87年『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子賞、91年『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 1991年12月01日
著者/編集: 山田詠美
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 209p





●感想●

お友達に借りた山田詠美さんの本第2弾
おバカでラヴリーな世界でしたっ。

・・といっても・・・。
恋愛中の男女は (たぶん全員) こーいう世界に住んでいるんだよなー。
うん! 恋してる人間ってある意味おバカなのよね~
私だって名前に “りん” 付けて呼んでたし、呼ばせてたもん困り顔
“りん” 付けたのは 「ゆうこりん」 より先だぞー!
・・・・って自慢にならないか

2回読みたいとは思わない本だけれども・・・。
幸せの原点みたいなものを改めて認識させられたかな




        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 14 : 50 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。