パズル / 山田 悠介
2007 / 11 / 24 ( Sat )
パズル 山田




●内容● (「BOOK」データベースより)

超有名進学校の、さらにエリート中のエリートだけが選りすぐられたクラスが、正体不明の武装集団に占拠された。人質とされた性格最悪の担任教師を救うには、広大な校舎の各所に隠された2,000ものピースを探し出し、パズルを完成させるしかない。タイムリミットは48時間。狂気のパズルは果たして完成するのか?武装集団の目的とは?いま始まる究極の死のゲーム。


●著者● (「BOOK」データベースより)

山田悠介(ヤマダユウスケ)
1981年生まれ。2001年のデビュー作『リアル鬼ごっこ』(文芸社/幻冬舎文庫)が若い読者に圧倒的に支持され、70万部を超える大ベストセラーとなる。以後、矢継ぎ早に話題作を発表。いまジャンルを超えた注目を集める作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2007年06月
著者/編集: 山田悠介
出版社: 角川書店 , KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 299p





●感想●


山田悠介さん、注目されている作家ですよね。
私は今回初めて読んでみました。
これの直前に読んだのが桐野夏生さんの本だったので、
ついつい比べてしまったかな~。
物足りなく感じてしまった、というのが正直な感想です困り顔
でも作者が22歳の時に書いたお話だということなので・・・。
それを考えるとすごいですね。

なぜだかはなのですが、感情が動かされることはなかったんです。
ゲームⅢまでは。
登場人物の設定がありきたりだったり、状況設定のわりには緊迫感がなかったりしますから。

でも、打って変わってゲームⅣ・ゲームⅤの部分は面白かったと思います。
ラストの複雑な清々しさがいいですね






         111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 38 : 14 | ★★★山田悠介★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |