スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
骸骨ビルの庭(上)(下) / 宮本 輝
2010 / 01 / 27 ( Wed )

最近、不本意な事態なのですが、読書に集中していないので・・・。

またまた読むのに時間がかかってしまいました

そういう状況だったので、たくさんいる登場人物が把握しにくかったですね。

一気読みの場合はそんなことにはならないのにね~。

この本、タイトルがケッタイですよね。

どんなお話なんだろ?と思いながら読み始めたのですが・・・。

アマゾンのあらすじを借りると、

住人たちを立ち退かせるため、八木沢省三郎は管理人として骸骨ビルに着任する。そこは、戦後、二人の青年が子供たちを育てた場所だった。食料にも事欠き、庭で野菜を作りながら、彼らは命を賭して子供たちと生きた。成人してもなおビルに住み続けるかつての子供たちと、老いた育ての親、それぞれの人生の軌跡と断ち切れぬ絆が八木沢の心を動かす。すべての日本人が忘れられない記憶。現代人が失った純粋な生き方が、今、鮮やかに甦る。

・・・という内容でした。

お涙頂戴なのかな?という予想ははずれましたね。

ストーリーは淡々と進み、淡々と終わったという印象です。

しかし所々、考えさせられる要素があり、生き方について何か問われているような気分になりました。

戦場で死を間近に覚悟した時に、万一生きて祖国に帰れたら、
自分のためでなく、他者のために生きようと思った登場人物・・・。

それに象徴されるように、このお話のキーは“人を幸福にする力”だったような気がします。

慈愛の精神があれば、人は自分も他者も幸福にできるし、その人生に価値があると思えるのでしょう。



印象に残った文章


人間が抱く嫉妬の中で最も暗くて陰湿なのは、対象となる人間の正しさや立派さに対してなの

私が畑仕事で知ったことは、どんなものでも手間暇をかけていないものはたちまちメッキが剥げるってこと

自分のことを考えての苦労やから、苦労と感じるんやないのか?

心を動かすのは心なのだな





骸骨ビルの庭(上)骸骨ビルの庭(上)
(2009/06/23)
宮本 輝

商品詳細を見る
骸骨ビルの庭(下)骸骨ビルの庭(下)
(2009/06/23)
宮本 輝

商品詳細を見る




こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 01 : 03 | ★★★宮本輝★★★ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
蝶々の纏足 / 山田 詠美
2008 / 05 / 10 ( Sat )
蝶々の纏足







●内容● (「BOOK」データベースより)

幼女から高校時代に至る女ともだちとの心の葛藤を、初の異性体験を交錯させつつ陰影鮮やかに描き出し、生の実相へと迫る大型新人の最新作。


●基本情報●

発売日: 1987年01月
著者/編集: 山田詠美
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 130p






●感想●

先日宮本輝さんの本を貸してくれたお友達が、
今度は山田詠美さんの初期の本を5冊貸してくれました。
で、まず読んだのがこの「蝶々の纏足」
字が大きくて、ページ数が少なかったので手始めにね。

印象的だったのはやはり瞳美とえり子の出会いのシーンかな。
気持ち悪くて。
他人の唾を入れて猛烈に混ぜたアイスクリームなんて、口にできんよっ
もー、吐きそうなのはこっちだ!
・・・とちょっと怒りモード困り顔
なんとか気を取り直して、続きを読みましたが・・・。
女同士の関係の“複雑”が苦手だったかなー。
ッちゅーか、やっぱアイスクリームのシーンだけで気持ちが萎えたんだわ私。

-男の体って、まるで食べ物みたいだわ。-
この文章の方が抵抗ないもんねー






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

06 : 19 : 47 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オレンジの壺 / 宮本 輝
2008 / 04 / 11 ( Fri )
オレンジの壺






●内容● (「BOOK」データベースより)

不幸なことなど何もない、しかし決して幸福ではない佐和子・25歳。その彼女の生き方を変えたのは、残された祖父の日記帳だった。パリで暮らした祖父の本当の姿を捜し求めることで、大切な何かを追い求めていく彼女が見つけた答えは!?息づまる展開の中、普通の一人の女性の成長を描いた宮本文学の傑作。


●基本情報●

【上巻】文庫: 278ページ
出版社: 講談社 (1996/11/14)

【下巻】文庫: 280ページ
出版社: 講談社 (1996/11/14)





●感想●
「花の降る午後」 といっしょにお友達に借りた本です。
2作を比べると私はこちらの方が好きでした。

この本を読む前からなのですが、たまにボーッと考えることがあります。
有名人でない限りは、人の生きた痕跡など、すぐに消えてしまうのかな、と。
それに抵抗したいのかどうか、ブログで自分の日常・感情を記録したりして・・・。
誰でも自分の人生を価値あるものだと思いたいし、
きっと誰かに憶えていてもらいたいのではないでしょうか。

このお話では祖父の日記帳がきっかけで、
主人公が彼の人生を辿っていくことになるのですが・・・。
そんなことでもなければ、孫からの視点ではただの“おじいちゃん“だったのですよね。
波乱万丈で複雑な人生を送った人なのに。
生きて死ぬことに対して意味付けをしたい自分と、
その無意味さを同時に感じる自分がいました。

でも結局、この世界を構成しているもの全てに意味がある、と無理矢理結論付けた私です 困り顔






オレンジの壺 上 新装版

オレンジの壺 上 新装版
価格:627円(税込、送料別)

オレンジの壺 下 新装版

オレンジの壺 下 新装版
価格:627円(税込、送料別)



111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

12 : 04 : 55 | ★★★宮本輝★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花の降る午後 / 宮本 輝
2008 / 04 / 07 ( Mon )
花の降る午後







●内容● (「BOOK」データベースより)
最愛の夫を癌で失くし、神戸の老舗レストランを女手一つで切りもりする典子。仕事は厳しく人の良いシェフ、実直で有能な支配人、懸命に働くウェイターたち―。店を継いでの四年間をふり返ると、彼女はとても充ち足りる。そんなある日、生前の夫に買ってもらい、今は店に掛けた油絵を貸してくれという青年が現れた。彼の名は高見雅道。その〈白い家〉という絵の作者だった―。一方、店を狙う魔の手が伸びてきていた。典子に訪れた恋、そして闘いが始まる。異国情緒溢れる神戸を舞台に描く真摯に生きる人々の幸福物語。


●基本情報●

発売日: 1991年0月
著者/編集: 宮本輝
出版社: 角川書店
サイズ: 文庫
ページ数: 476p






●感想●

最近の私は読書がしたくてたまらない。
時間が空けば、とにかく読みたいのです。
・・・といっても作家等についてものすごく詳しいわけではないので、
たまたま会ったお友達にオススメを聞いてみました。
そのお友達が貸してくれたのがこの本。
彼女は山田詠美さんと宮本輝さんが好きなようで・・・。
それがこの本を読んでみた経緯です。

感想は・・・。
なんだかドラマを見ているような、そんな気にさせられましたね。
随分前の作品なのですが、あまり違和感は感じませんでした。
今だったら携帯使うだろー、というシーンはありましたけど。
一番感じたのは大人のお話だわ~、ということ。
悪人絡みの事件、人間関係のしがらみのごたごた、肉体的欲望を含めた恋愛・・・。
そんな渦中にいても清潔感がある主人公でしたっ。
女性作家だと、こうはいかない気がします。
偏見??
希望が持てるラストで、ドロドロがあったわりに読後感がよかったです。
ちなみに、私が一番気に入った人物は林玉徳。
完全な脇役ですけどねー。
“豚にも犬にもなれる。感情を完全に殺せて、頭脳だけはめまぐるしく動いてる。”
そんな長身のイケメンなんて、いいじゃないですかー。
彼を主人公にお話を書いてもらいたいものです~ 困り顔   
・・・正しくない本の読み方でスミマセン






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

14 : 59 : 06 | ★★★宮本輝★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。