スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
空中ブランコ / 奥田 英朗
2007 / 10 / 07 ( Sun )
16322870.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。ここはどこ?なんでこうなるの?怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。


●目次● (「BOOK」データベースより)

空中ブランコ/ハリネズミ/義父のヅラ/ホットコーナー/女流作家


●著者● (「BOOK」データベースより)

奥田英朗(オクダヒデオ)
1959年、岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て作家になる。02’『邪魔』で第4回大藪春彦賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2004年04月25日
著者/編集: 奥田英朗
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 265p





●感想●


なんでだろ・・・。
さらっと読んでいたつもりなのに・・・。
ラストに号泣している自分がいました~困り顔

この本、「トンデモ精神科医・伊良部とその患者さん♪」の短編集です。
どれもある意味似たような設定なのですが、ことごとく共感できるんです。
伊良部先生にじゃありませんよー、心を病んだ人たちにです。
ひとくちに言うと、張りつめている人たち、という表現がしっくりくるかな。
どのストーリーでも、ラストに救いがあって、不覚にも涙がポロッ。
頑張りすぎている人たちは、たまにゆるまんといけんねー。

私の勝手な希望ですが・・・。
看護婦のまゆみちゃんは「本能」の時の椎名林檎みたいな感じがいいなー

・・・ということで「本能」どうぞ~っ











       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

13 : 31 : 22 | ★★★奥田英朗★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。