生まれてすみません 太宰治 一五〇の言葉 / 山口 智司
2009 / 03 / 18 ( Wed )

ここ何日か、怒涛の忙しさで本が読めなかった~
いつも夜中に睡眠時間を削って読書している私ですが、さすがに眠くて・・・
そんなんで、リハビリとして、即読めるこんな本を手にとってみました

「生まれてすみません 太宰治 一五〇の言葉」

醜悪な自意識、世間の欺瞞、そしてあらゆる偽善を見抜く鋭い感受性を持つがゆえに
激しく苦悩した(著者による文章)太宰治の言葉を集めた本です。

ざっと読んで、今の私に残った言葉を下に記しておきます



人間ならば恥じて下さい。
恥じるというのは人間だけにある感情ですから。    ・・・・・・『貨幣』

ひとを平気でからかうのは、卑劣な心情の証拠だ。
罵るなら、ちゃんと罵るがいい。              ・・・・・・『ダス・ゲマイネ』

誠実な人間でありたい。これはたいへん立派な言葉のように聞こえますが、実は狡猾な醜悪な打算に満ち満ちている遁辞です。君はいったい、いまさら自分が誠実な人間になれると思っているのですか。誠実な人間とは、どんな人間だか知っていますか。おのれを愛するが如く他の者を愛する事の出来る人だけが誠実なのです。君には、それが出来ますか。いい加減の事は言わないでもらいたい。君は、いつも自分の事だけを考えています。自分と、それから家族の者、せいぜい周囲の、自分に利益を齎すような具合のよいニ、三の人を愛しているだけじゃないか。
                                 ・・・・・・『風の便り』

家庭の事情を語ってはならぬ。身の苦しさを語ってはならぬ。
明日の恐怖を語ってはならぬ。人の思惑を語ってはならぬ。
昨日の恥を語ってはならぬ。                ・・・・・・『秋風記』

一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のことを思い煩うな。明日は明日みずから思い煩わん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮らしたい。
                                  ・・・・・・『新郎』

率直なんてのは、これは、暴力ですよ。          ・・・・・・『渡り鳥』

美しく生きたいと思います。                  ・・・・・・『女生徒』

                          

生まれてすみません 太宰治 一五〇の言葉生まれてすみません 太宰治 一五〇の言葉
(2009/01/29)
山口 智司

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 03 : 29 | ★★★読書感想・実用本他★★★ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |