スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
陰日向に咲く / 劇団 ひとり
2010 / 08 / 07 ( Sat )
411.jpg

今さらですが・・・

読んでみました、劇団ひとりさんの本

『いつ、どんな本を読むとになるかもしれんっ、その時に楽しめるように』 と極力予備知識を入れない私なので・・・

くどいようですが今さら、泣きながら読んだのでした


経過をまとめると

「道草」でうまい!と感心し・・・

「拝啓、僕のアイドル様」で甘酸っぱい気持ちが溢れちょいウルし・・・

「ピンボケな私」でついに涙腺が決壊し始め・・・

「Over run」で号泣・・・

「鳴き砂を歩く犬」で止めを刺された、という具合です



正直読む前は、所詮有名人が書いた本だから売れたんでしょ、くらいに思っていたのですが・・・

そんなことはなかったです

予想外に心動かされるお話でした

なんでだろ?

登場人物が全員ダメダメなんですが、愛すべきダメダメというか・・・

不思議と人の温かさを信じたい気持ちになるお話ばかりだったんですね~。

短編がリンクしている構成も見事だったし、簡単・シンプルな文章だからこそ心に響くものがあった気がします。

ラストの締め方も好きですね。

エンターテイメントとしてバッチリだったと思います

 


陰日向に咲く陰日向に咲く
(2006/01)
劇団ひとり

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 44 : 30 | ★★★劇団ひとり★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。