森に眠る魚 / 角田 光代
2009 / 08 / 28 ( Fri )

うへーっ
読むのがしんどかったこと!
マジで夜うなされました。
この本、細かくリアルなので・・・。
“母”という立場の人は特に、読むのに注意が必要かもしれません。

ただでさえ厄介な女の世界ですが・・・。
( でも私がそれを知ったのは一部のママの生態を見てからのこと )
母親になると、さらにタイヘンなものですよね
つきあい始めは仲良しごっこで楽しくできたとしても、いろいろな人がいますからねー。
距離が狭まると、とんでもないことに・・・というのはよくあるお話。
なので、とてもフィクションとは思えませんでしたね。
登場人物がまた、ありがちな典型的タイプで痛い痛い。
子育てに野心を持っているタイプ、優柔不断で人真似ばかりするタイプ、
他人に迷惑をかけてもお構いなしのマイペースタイプ、他人が持っているものを欲しがるタイプ・・・。
要注意タイプは数え上げたら限がありませんね

もちろん、だれにでも欠点があるのと同時に、長所もあるわけですから・・・。
うまくお付き合いしている方も大勢いらっしゃるとは思いますが
その場合は、他人と(子供を含めて)比較しない、
フィフティ-フィフティの関係を保つ、
孤の時間も大切にする、等注意点があるのでは、と思います。
そうでないと、一部のガマン大会になる恐れあり、じゃないでしょうか。

私の感覚では、他人を利用しているわりにその自覚が無く、その上被害者意識を持ったりする女性特有の図々しさがたまらなく嫌でしたねー。
このお話、みみっちいけれど効き目抜群のエア嫌がらせ(?)という感じで・・・。
まるで毒ガスのような本でしたよ



森に眠る魚森に眠る魚
(2008/12)
角田 光代

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 40 : 16 | ★★★角田光代★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |