スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
八月の路上に捨てる / 伊藤  たかみ
2007 / 09 / 15 ( Sat )
16325400.jpg






●内容● (「BOOK」データベースより)

暑い夏の一日。僕は30歳を目前に離婚しようとしていた。現代の若者を覆う社会のひずみに目を向けながら、その生態を軽やかに描く。第135回芥川賞受賞作ほか1篇を収録。


●目次● (「BOOK」データベースより)

八月の路上に捨てる/貝からみる風景


●著者●(「BOOK」データベースより)

伊藤たかみ(イトウタカミ)
1971年兵庫県生まれ。95年早稲田大学政治経済学部在学中に、「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」で第32回文藝賞を受賞しデビュー。2000年「ミカ!」で第49回小学館児童出版文化賞、06年「ぎぶそん」で第21回坪田譲治文学賞を受賞し、同年「八月の路上に捨てる」で第135回芥川賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



●基本情報●

発売日: 2006年08月30日
著者/編集: 伊藤たかみ
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 122p




●感想●

今日はあまり時間が無かったので・・・。
文字がでかくてすぐ読めそうな本をチョイスしました~。

なので、あまり期待していなかったのですが・・・。

予想に反して面白かったです。

男性脳と女性脳の違いが生む行き違いの悪循環なんか、すごくリアルに感じました。

途中ストレスに感じるほどね。

私は特にラストの締め方が好きですねー。





       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

01 : 06 : 32 | ★★★伊藤たかみ★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。