死にぞこないの青 / 乙一
2008 / 07 / 22 ( Tue )
死にぞこないの青







●内容● (「BOOK」データベースより)

飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。


●著者● (「BOOK」データベースより)

乙一(オツイチ)
1978年福岡県生まれ。一七歳の時「夏と花火と私の死体」で第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、衝撃のデビュー。日本ホラー小説界の将来を担う書き手として、注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2001年10月
著者/編集: 乙一
出版社: 幻冬舎
サイズ: 文庫
ページ数: 212p





●感想●
椿屋四重奏の新曲「アンブレラ」が映画の主題歌になったというので・・・。
呼んでみました、原作。
テーマはいじめ。
しかも先生が主犯だ~!
前半は主人公の消極的性格や、自主性の無さに悶々としたストレスを感じますが・・・。
謎の存在「アオ」の出現により、事態が変わっていきます。
ラストは・・・展開のわりに思いがけず清々しいものでした。

いじめは許せん!!!
どんな理由があれ、いじめる方が悪いです。
だって世の中にはいろんな誘惑があふれていますけれど・・・。
やっていいことと悪いことはハッキリしていますからね。
人間、自分の悪い行いに対する言い訳、理由付けが上手になったらアウトですわ。

あとは前々から私が大嫌いな策略家。
策略はりめぐらす前に愛を出してみせろ~!!
あれ? 脱線してる?
・・・悪いクセが思わず出てしまいました
アンフェアなヤツが大ッ嫌いなので、ついついね

今って世知辛い時代ですけれど・・・。
社会のシステム自体が弱肉強食ですけれど・・・。
それではいかんのですわ。
人間はつい利己主義に走る弱い生き物でありますが、
その唯一の克服法が愛ある存在になることなのですよね・・・




 




死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
(2001/10)
乙一

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 


        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

16 : 27 : 57 | ★★★乙一★★★ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |