タッチハンガー がんばり続けてなお、満たされないあなたへ / 三砂 ちづる
2009 / 05 / 30 ( Sat )

Touch(タッチ)=ふれあい Hunger(ハンガー)=飢え
タッチハンガー=ふれられてもらえなかった思いの連なり・・・

なんとなく、題名に惹かれて読んでみました。
読み始めてから気付いたのですが、三砂ちづるさんの本、前にも読んだことがありました。
その名も 「 オニババ化する女たち 」
その時も題名の“オニババ”につられたんだっけ。
内容は・・・ものすごく簡単に言っちゃうと、 「生物としての本能・身体を大切に生きよう」 みたいなお話だったんじゃないかな。
今回読んだ本のテーマもそれと共通しているように感じましたね。

人生に悩みはつきものですが・・・。
よく寝て、よく歩いて、食を大切にし、身近な人と愛し合って暮らし、命をいつくしみ育てる――。
そんな当たり前のことが実は大切なことなんだよ、とあらためて囁かれた感じでした。
当たり前のことを当たり前にできることを幸福というのですねー。
日々の面倒も含めてね。

そして、人は人に触れられ、受け止められてこそ心の平穏を得られるのですね

しかし、それが満たされている人は今や少数ですよね
特に日本ではね。
ざっと見ても、タッチハンガーっぽい人の多いこと・・・困り顔


タッチハンガー がんばり続けてなお、満たされないあなたへタッチハンガー がんばり続けてなお、満たされないあなたへ
(2009/03/26)
三砂 ちづる

商品詳細を見る

オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)
(2004/09/18)
三砂 ちづる

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 24 : 42 | ★★★読書感想・実用本他★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |