橋を渡る / 吉田 修一     ★★★★
2017 / 08 / 21 ( Mon )
橋を渡る







●内容● (「BOOK」データベースより)

ビール会社の営業課長、明良。部下からも友人からも信頼される彼の家に、謎めいた贈り物が?都議会議員の夫と息子を愛する篤子。思いがけず夫や、ママ友の秘密を知ってしまう。TV局の報道ディレクター、謙一郎。香港の雨傘革命や生殖医療研究を取材する。結婚を控えたある日…2014年の東京で暮らす3人の悩み、ためらい。果たして、あの選択でよかったのかー


●目次● (「BOOK」データベースより)

春ー明良/夏ー篤子/秋ー謙一郎/そして、冬


●著者● (「BOOK」データベースより)

吉田修一(ヨシダシュウイチ)
1968年生まれ。法政大学経営学部卒業。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞、第34回大佛次郎賞、10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年03月19日頃
著者/編集: 吉田修一
出版社: 文藝春秋
発行形態: 単行本
ページ数: 435p





●感想●


なんだか取り留めのないお話だなぁ、なんて思いながら読み進みましたが・・・
最終章でつながりました、いろいろな人生が。

人はそれぞれ、信念を持って生きているのでしょうが、
それが試されるような大きな選択によって未来が決定されるのですねー。
( もしかしたら小さな選択によっても? )

「自分は正しい選択をした」と思えることの純粋さと危うさ。
「自分は正しい選択をしなかった」と思った時の迷い。
同時に集団心理の怖さも描かれていたと思います。

個人的に、心に残ったのは謙一郎のストーリー。
ひたすら悶々としました。
人はどうして、簡単に手に入らないものが欲しくなるのでしょう。
幸せになれるだろう素養をたくさん持っている人間が、
視野狭窄のために転落する様は悲しく思えました。

あとは近未来の“サイン”という存在。
現実感がありました。
人類の長い歴史を見た時に、
利己主義としか言いようのない出来事が絶えないことがその理由です。
今まで全世界が平和に満たされた時が一瞬でもあったのか? 残念ながら答えはNOです。
現在も大国の顔をすると同時に他国を弾圧している国が力を持っている状態。
権力は人を凶暴にしますね。
弱肉強食は自然の摂理と言われれば黙るしかありませんが、
この本の最後に希望があったように、真の平和への希望は捨てきれません・・・









      111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

16 : 47 : 57 | ★★★吉田修一★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
許されようとは思いません / 芦沢 央     ★★★ 
2017 / 08 / 11 ( Fri )
許されようとは思いません






●内容● (「BOOK」データベースより)

かつて祖母が暮らしていた村を訪ねた「私」。祖母は、同居していた曾祖父を惨殺して村から追放されたのだ。彼女は何故、余命わずかだったはずの曾祖父を殺さねばならなかったのか…究極の選択を迫られた女たちの悲劇を、端正な筆致と鮮やかなレトリックで描き出す、ミステリ短篇集の新たなるマスターピース!磨き抜かれたプロットが、日常に潜む狂気をあぶりだす全5篇。


●目次● (「BOOK」データベースより)

許されようとは思いません/目撃者はいなかった/ありがとう、ばあば/姉のように/絵の中の男


●著者● (「BOOK」データベースより)

芦沢央(アシザワヨウ)
1984年東京都生まれ。2012年『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年06月22日頃
著者/編集: 芦沢央
出版社: 新潮社
発行形態: 単行本
ページ数: 235p





●感想●


たった今、打ち終わった感想を誤って消去してしまいました
ガックリ

そんなことがあると、途中途中で下書き保存をするように気を付けるようになりますが・・・
ついつい痛みが癒えた頃に定期的にやらかしてしまいます
これに負けて間を開けるとますます嫌になってしまうので、自分に鞭打って再び書き(打ち)直しています。


この本、表紙やタイトルに惹かれるものがあったのですが・・・
図書館で当てずっぽうに予約したものなので、私の嫌いな短編集であることに手元に来た時点で気付きました。
(少ない言葉や簡単な表現で深みのある内容を言い表すのが
 最高のすごさだと思っていますが、 それが一番難しい。
 詩や俳句、短編で心を動かすことは超上級テクニックだと思います。
 それだけに、なかなかいいと思えるものに出会えないというのが私の本音なのです。)

それでも好奇心を刺激される展開で集中して読めました。
が、どれも後味の悪いお話で・・・まあ鬱モードの時は“アリ”というか吸い寄せられる世界なのですが、やはり短編ならではの浅さが残念でした。 
あ、でもこれは好みの問題で、よく練られたストーリーだなぁ、と感心はしました。
どのお話も捻りがあって「そう来ましたか・・・」という感じでしたね。

・・・ということで・・・
感想、本当はもっといろいろ書いていたはずなのに・・・もう気力が無くて思い出せません~お粗末失礼しました







    

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 09 : 24 | ★★★芦沢央★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
通り魔 / 嶽本 野ばら     ★★★    
2017 / 08 / 11 ( Fri )
通り魔





●あらすじ●

幼い頃から僕は人と上手く話せなかった。僕はスナックを経営する母親と二人暮らしだった。母親とも上手く話せない僕は、よく叱られた。いつもひとりで過ごしていた僕は、中学生の頃からネットの中に居場所を見つけた。大学まで行きたくて高校に上がったが、2ヶ月で辞めた。スナックのお客の紹介で地元の縫製工場に就職した。その工場では、僕が一生買うこともできないような高価な服を作っていた。4年間勤めたが、小さな事件を起こして退職した。僕は地元を逃げ出し、東京へ向かった。だがそれが、大きな転落の始まりだった‥。


●著者● (「BOOK」データベースより)

嶽本野ばら(タケモトノバラ)
京都府宇治市生まれ。2000年『ミシン』で小説家デビュー。2003年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が二年連続して三島由紀夫賞の候補になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2014年11月26日頃
著者/編集: 嶽本野ばら
出版社: 小学館
発行形態: 単行本
ページ数: 203p






●感想●


バッドエンド・・・
でも、最後の憎しみを爆発させるシーンで「やってまえ!」と思ってしまった私。
いけませんねー。
実際そんな事件は起こって欲しくないし、今まで実際に起きた犯罪には苦々しい思いを持っていました。
でも、ずっと主人公に感情移入して読んできたせいなのか、「やってまえ!」と思ってしまったのです。

ひとつ思ったのは、母親のことです。
主人公の母親はドライすぎる・・・
善悪よりも大切なのは子どもへの無償の愛なのだな、と改めて思いました。
人への憎しみから犯罪を犯した人の共通点は、無償の愛をもらっていない事なのでは、と思いました。






●入学してまだ誰とも会話らしき会話を交わせていない僕は、既に少し皆から疎んじられる存在として観られているだろう。そしてこれからは益々、正体の摑めない者として忌まれていくのだ。他者と交われない者はそれだけで嫌われ、軽蔑される。他人の思惑なんてどうだっていいと開き直れる程に僕は強くない。自ら人との関わりを拒絶している癖に、僕は色眼鏡で見られ、人からまるで存在しない者として扱われることに耐え切れない。









       

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 01 : 10 | ★★★嶽本野ばら★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月31日の同窓会 / 真梨 幸子   ★★★
2017 / 08 / 10 ( Thu )
6月31日の同窓会





●内容● (「BOOK」データベースより)

神奈川の伝統ある女子校・蘭聖学園の89期OGが連続して不審な死を遂げる。同校出身の弁護士・松川凛子は、同窓生の証言から真相を突き止めようとするがー学園の闇と女たちの愛憎に、ラスト1行まで目が離せない!女子校育ちの著者が、かさぶたを剥がしながらダーク過ぎる“女の園”を描く、ノンストップ・イヤミス!


●著者● (「BOOK」データベースより)

真梨幸子(マリユキコ)
1964年宮崎県生まれ。多摩芸術学園映画科(現・多摩美術大学映像演劇学科)を卒業。2005年「孤虫症」で第32回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年に文庫化された『殺人鬼フジコの衝動』がベストセラーに。2015年、『人生相談。』が山本周五郎賞候補に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年01月28日頃
著者/編集: 真梨幸子
出版社: 実業之日本社
発行形態: 単行本
ページ数: 323p







●感想●


退屈無しでした。
終わってみれば、中身のないお話でしたが・・・
読んでいる最中は中だるみなく、楽しい読書でした。

この本、登場人物はほぼ女性。
女性のイヤな面満載でした
でも、とことんエンターテイメントというか・・・
イヤな面を見て、嫌な気持ちにならないのが不思議でしたね。
「コンビニ人間」なんか、イヤな主人公にムナクソの悶絶モンだったのに
この違いは何だろう?
( 「コンビニ人間」が嫌いすぎて、とことんダメな例に挙げてしまう心の狭い私 )
現実にはありえないお話だから楽しめたのかなー。
やはり、女性ならではの人付き合いに関する葛藤、競い合い等ありがちな描写がリアルでお見事でした





●孤独というのは、それをうまく飼い慣らせはこれほど自由な状態もないだろう。もっとも、飼い慣らす前に、孤独に押しつぶされてしまう例がほとんどだろうが。


●要するに、世の中に明確な正義などない。もっと言えば、善と悪も突き詰めればコウモリのようにどっちつかずだ。
だからこそ、主張が必要なのだ。自分側から見た“正義”をだれから見ても“正義”と映るように、その全体にあますことなく光を当てる。影ができてはいけない。少しでも影ができれば、あっというまに他方面から当てられた証明によって、それは違う色で照らされてしまう。






     

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 17 : 37 | ★★★真梨幸子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ランドリー /  森 淳一     ★★★
2017 / 07 / 29 ( Sat )
ランドリー






●内容● (「BOOK」データベースより)

僕の名前はテル。コインランドリーで洗濯物を見張る仕事をしてる。小さい頃の頭のケガのせいで、周りの人とうまく付き合えないみたいだ。ある日、忘れ物を届けたことがきっかけで水絵さんという女性と知り合った。水絵さんは綺麗だけど、笑った顔を見たことがない。数日後、水絵さんは「私は変わる」と言って故郷に帰った。乾燥機にワンピースを忘れて。忘れ物は届けなくちゃ。僕は水絵さんの故郷に向かったー痛々しいほどピュアな男女の、切なすぎる物語。書店員が選んだもう一度読みたい文庫・泣ける小説部門第1位!


●基本情報●

発売日: 2016年04月13日
著者/編集: 森淳一
出版社: 双葉社
発行形態: 文庫
ページ数: 220p






●感想●


「コンビニ人間 / 村田 沙耶香」 が私に相当のダメージを与えました。
個人的に嫌いな本ベスト3に入るくらい不快で、その後読書をする気が起きなくなりました。

…というのは大げさで、なんだかんだで忙しく、小説が読めない日々を送っていました。
(軽い読み物や雑誌は別です)
細切れの時間を使って読書する強者も多いと思いますが、私はある程度の時間と体力を必要とするクチ。
気付けばあまり楽しみのない日々を送っていて、これではいかん!とリハビリ的に図書館で文庫を借りてきました。
厚みが無く、パワーを使わなそうな印象だった本です。

そして一気読み。
ピュアな主人公テルと不器用な水絵。
そしてこの上なく優しいのに偽悪者なサリー。
テルのおばあさんが言うように世の中の人がうまくいく人とうまくいかない人に二分されるなら、主要な登場人物は、うまくいかない人たちだと思いました。

でも、だれだって愛を持つことはできるのですね。
そして、それを与えることも・・・。
まさに愛があるハッピーエンド、シンプルなストーリーで久々の読書にはよかったです。

時折出てくる 「想像して…」 のシーンが印象的でした。



●「分かってるの。あまりしゃべらない人は、心の中でいっぱいしゃべってるの」









111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

    

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

10 : 12 : 52 | ★★★森淳一★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コンビニ人間 / 村田 沙耶香
2017 / 05 / 09 ( Tue )
コンビニ人間








●内容● (「BOOK」データベースより)

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。


●著者● (「BOOK」データベースより)

村田沙耶香(ムラタサヤカ)
1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」が第46回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。09年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞。13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年07月27日頃
著者/編集: 村田沙耶香
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 151p





●感想●

ムナクソでした
何がって、主人公の性格が
最初は主人公が発達障害系なのかな?という感じで少し共感するところもあったのですが・・・
周囲の人の猿真似をして環境に馴染むようにしたりと、謀が上手で計算高いところがどうにも嫌でしたね~
成長した主人公は、私から見ると観察力があって状況が読めて、記憶もしっかりしていて頭を使っています。
経験から学んだとしても、幼いころとは違って状況判断しながら生活しているわけです。
そして人を分析したり、身近な人のいろいろをパクるのを正当化していたりします。
そうやって器用にできている割に、都合が良いときは発達障害系になるというところがキャラ崩壊に思えましたね。
独特の感覚を持っていて、ある程度学習しながら周囲に馴染むように努力して生きている人はもっと苦悩していますよ!
逆に主人公のようにお気楽なら、独自の生き方をしていても疑問に思わないでしょうね。
ホント矛盾を感じます。
そんな感じで、異質な人の心理描写が中途半端だから、主人公が異質な人というよりもただの嫌な奴になっています。
考え方は人それぞれなので、私のような感想は少数派かもしれませんが・・・
自分の大嫌いな本にぶっちぎりランクインしましたわ
ああ、ムナクソ感を持ったときの大噴火やっちまいました~
このストレス、はやく解消して浄化しなければ






       

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 35 : 52 | ★★★村田沙耶香★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女子的生活 / 坂木 司
2017 / 05 / 02 ( Tue )
女子的生活






●内容● (「BOOK」データベースより)

女子的生活を楽しむため、東京に出てきたみきは、アパレルで働きながら、念願のお洒落生活を満喫中。おバカさんもたまにはいるけど、いちいち傷ついてなんていられない。そっちがその気なら、いつだって受けて立ってやる!彼女は、自由。だから、最高の生活を知っている。読めば胸がスッとする、痛快ガールズストーリー!

●著者● (「BOOK」データベースより)

坂木司(サカキツカサ)
1969年東京都生まれ。2002年、『青空の卵』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年08月22日
著者/編集: 坂木 司
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 288p







●感想●


主人公のみきは女子的生活を満喫しています。
しかし途中で判明→性別は男性。
いわゆるトランスジェンダーという存在です。
彼女(彼)は女性として女性と付き合いたい嗜好の持ち主。
そういうボーダー上の立場だからこそ、よく見える世界もあるのですねー。
そんなわけで、一般男性と違い、女子の理解度が深い。(もしかしたら女子よりも)
女子ワールドの中には策略やマウンティング、笑顔で敵を制圧する遣り口等があるるわけですが・・・
どれほどの男性がそれに気付いているのか?
女子全員が当てはまるわけではないのがまた判断を困難にしているところで・・・
正確に把握できている男性はほぼいない、と個人的には思います。
だからこそ、こんなお話を書く作者は女性なのでは?と思いました。
作者の坂木司さんは、他人と被るのが好きじゃない、といいう思考の持ち主であると何かで読みました。
作品を書く際に"被らないこと"を大切にしている・・・みたいです。
あらあら素敵~
これは認めずにはいられない主義ですわ。
横取りするような感覚で被せてくる人に偽物テイストを感じてしまう私としては、文句なしに褒め称えたい。
・・・・と、読書感想というよりは作者のスタイルを賞賛する場になってしまいました・・・
その価値観に共感できる作者が書くお話は、作中のメッセージにも頷けるところがあるものですね








●けど、私は単純が好きだ。
 笑いながら泣いて、寂しがりながら一人で歩いて、意地悪を言いながら愛を語る、そんな女の子が好き。わけがわからないくらいにとっ散らかっている朝も、どこか冷静な頭でコーディネートを考えるような女の子が好き。


●ママ友とか、すんごい情報戦らしいよ? それを聞いて、私は軽く感動する。なんだその無意味に高度な世界は。


●そこポイントね。アーティスト系って、自己顕示欲が強い人が多いんだよ。でなきゃ作品なんて作らないし、ウェブで世界にさらけ出したりなんてするはずない


●ゲームで言うなら、女子の人生はイベントが多くて敵も多くて、でも味方も多い。選択肢も多くて(服だってスカートとパンツと両方選べるしね)、道もたっくさん枝分かれしてて、なんか色々多彩。
それに対して、男子の人生はイベント少なめ。敵と味方の多さは同じかもしれにけど、選択肢が多そうで案外少ない。道は単純で歩きやすいけど、それってゲーム的にはどうなの?っていう状態。
 





                

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

07 : 38 : 09 | ★★★坂木司★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ